日本人のための憲法原論 | 集英社インターナショナル 公式サイト

日本人のための憲法原論

小室直樹・著

¥1,800(本体)+税   
発売日:2006年03月24日

西洋文明が試行錯誤の末に産み出した英知
「憲法の原理」を碩学が解き明かす

日本はなぜ、「こんな国」になってしまったのか?
その病根はすべて「憲法」にある!!
聖書学、政治思想史、経済学、社会学──ありとあらゆる学問を総動員した憲法講義。
『痛快!憲法学』愛蔵版


商品情報

書名(カナ)ニホンジンノタメノケンポウゲンロン
判型四六判
ページ数496ページ
ジャンル社会
ISBN978-4-7976-7145-2
Cコード0032
刷数第10刷

著者略歴

小室直樹(こむろ・なおき)

1932年、東京生まれ。京都大学理学部数学科、大阪大学大学院経済学研究科を経て、フルブライト留学生としてアメリカに渡る。ミシガン大学大学院で計量経済学、ハーバード大学大学院で心理学と社会学、マサチューセッツ工科大学大学院で理論経済学を学ぶ。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程を修了。東京大学法学博士。著書多数。1980年に発表した『ソビエト帝国の崩壊』において、ソ連崩壊を10年以上も前に的確に預言したことは有名。2010年死去。

目次

第1章 日本国憲法は死んでいる
第2章 誰のために憲法はある
第3章 すべては議会から始まった
第4章 民主主義は神様が作った!?
第5章 民主主義と資本主義は双子だった
第6章 はじめに契約ありき
第7章 「民主主義のルール」とは
第8章 「憲法の敵」は、ここにいる
第9章 平和主義者が戦争を作る
第10章 ヒトラーとケインズが20世紀を変えた
第11章 天皇教の原理
第12章 角栄死して、憲法も死んだ
第13章 憲法はよみがえるか