『三河吉田藩・お国入り道中記』 読者からの質問にお答えします! | 集英社インターナショナル 公式サイト

お知らせ

その他 2019年04月19日

『三河吉田藩・お国入り道中記』 読者からの質問にお答えします!

好評発売中の『三河吉田藩・お国入り道中記』、読者からの質問にお答えします!

Q:若様こと、松平信宝(のぶとみ)の肖像画は残っているのでしょうか?
ウィキペディアを見たら載っていなかったのですが、地元の資料館等にはあったりするので、ひょっとしてあるのかなと。庄内の酒井忠徳も、ウィキペディアには肖像画が出てなかったのですが、藩校 に行ったら展示されていたもので……。

A:信宝の肖像画は、残念ながら残っておりません。
松平伊豆守家自体、歴代の肖像画は作成していなかったようです。
ただし、最後の藩主信古は自画像・写真・木像があります。(By筆者)

Q:馬の数え方の単位は「頭」だと思うのですが、なぜ「匹」を使っているのですか? 競馬ファンなのでちょっと気になりました。

A:今回使用した古文書では馬を数える単位に「疋(ひき)」という文字が使われています。疋は匹と同じです。2つで1組になるものの意味ですが、家畜や鳥を数える単位になったのは、馬の尻が左右2つにわかれてペアをなしていることから、馬の尻を見てその数を1匹、2匹と数えたことからと言われています。一方、「頭」という単位は、早くても明治末期、英語で“head”を使うことから広まったとされ、大型の家畜に「頭」を使うのは最近のことです。本書では、古文書とその時代背景を尊重して「匹」を採用しました。(By編集担当)

ご質問やご意見、ご感想等、ぜひお聞かせください!

担当T