1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 科学する心

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

科学する心

池澤夏樹・著

定価 ¥1,800(本体)+税
発売日 2019年4月5日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7372-2 C0040
判型 四六判
ページ数 264ページ
ジャンル 科学   
在庫状況 在庫あり
概要
科学者としての昭和天皇、
絶滅種に対する愛惜、料理の科学……
科学と文学を橋渡しする珠玉のエッセイ。


大学で物理学科に籍を置いたこともある著者は、これまでも折に触れ、自らの作品にも科学的題材を織り込んできた。いわば「科学する心」とでも呼ぶべきものを持ち続けた作家が、身の周りの生物から最先端の人工知能まで、進化論、永遠と無限、そして失われつつある日常の科学などを、「文学的まなざし」を保ちつつ考察する。
目次
第一章 ウミウシの失敗
第二章 日時計と冪とプランク時代
第三章 無限と永遠
第四章 進化と絶滅と愛借
第五章 原子力、あるいは事象の一回性
第六章 体験の物理、日常の科学
第七章 知力による制覇の得失 『サピエンス全史』を巡って
第八章 『昆虫記』と科学の文学性
第九章 「考える」と「思う」の違い 三本のSF映画によるAI論
第十章 主観の反逆 あるいは我が作品の中の反科学
第十一章 パタゴニア紀行
第十二章 光の世界の動物たち 桑島からカンブリアへ
著者プロフィール
池澤夏樹(いけざわ・なつき)
作家・詩人。1945年、北海道生まれ。『スティル・ライフ』(中公文庫)で芥川賞、『マシアス・ギリの失脚』(新潮文庫)で谷崎潤一郎賞、『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』(河出書房新社)で毎日出版文化賞、朝日賞を受賞。著書に『知の仕事術』(インターナショナル新書)などがある。
推薦コメント
あまりに面白くて一晩で一気に読み終えました。
この広大なテーマでエッセイを書ける人は他にいません。

吉川浩満氏 (『理不尽な進化』著者) 
関連リンク
池澤夏樹 公式サイト
■ 関連書籍