1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 日本の「安心」はなぜ、消えたのか

書籍情報

社会心理学から見た現代日本の問題点
日本の「安心」はなぜ、消えたのか

山岸俊男・著

定価 ¥1,600(本体)+税
発売日 2008年2月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7172-8
判型 四六判
ページ数 264ページ
ジャンル 社会/政治   
在庫状況 在庫あり
概要
「武士道」「品格」が日本をダメにする!!

偽装国家ニッポン!?

いつからこの国は「嘘つき」だらけになってしまったのか?
その驚くべき真相を最新の心理学が鋭く解き明かす!
目次
第一章 「心がけ」では何も変わらない!
第二章 「日本人らしさ」という幻想
第三章 日本人の正体は「個人主義者」だった!?
第四章 日本人は正直者か?
第五章 なぜ、日本の企業は嘘をつくのか
第六章 信じる者はトクをする?
第七章 なぜ若者たちは空気を読むのか
第八章 「臨界質量」が、いじめを解決する
第九章 信頼社会の作り方
第十章 武士道精神が日本のモラルを破壊する
著者プロフィール
山岸俊男(やまぎし・としお)
社会心理学者。1948年名古屋市生まれ。一橋大学社会学部、同大学大学院を経て、80年ワシントン大学哲学博士。北海道大学助教授、ワシントン大学助教授を経て、現在、北海道大学大学院文学研究科教授、同大学社会科学実験研究センター長。社会的ジレンマ、信頼、社会的知性など心と社会の関係について、認知科学、心理学、社会学、経済学など多くの側面から、実験、調査、コンピュータなどを通じて総合的に研究を進めている。2004年、紫綬褒章受賞。日本学術会議会員。日本学術振興会グローバルCOEプログラム「心の社会性に関する教育研究拠点」拠点リーダー。
『信頼の構造』(東京大学出版会/日経・経済図書文化賞受賞)、『安心社会から信頼社会へ』(中公新書)、『社会的ジレンマ』(PHP新書)など、著書多数。
関連リンク
山岸俊男Web
■ 関連書籍