‘新刊情報’ カテゴリーのアーカイブ

『北極大異変』が発売になりました。

2016年4月26日

知のトレッキング叢書 『北極大異変』が発売になりました。

本書は、北極に35年以上通い続け、科学者と共に観測調査をし、先住民に取材をしてきたカナダ人ジャーナリストが、その成果のすべてをまとめたものです。

最近まで北極は単なる氷の塊と思われていました。

そのため、どの国も関心が低く、積極的に領土権を主張せず、環境を破壊する規模の開発を制限する国際法も、海に石油が流出した時の対処法も、考える必要もありませんでした。

ところが、地球温暖化による解氷で船が航行できるようになり、また、氷の下にあった「眠る大量の未発見資源」(石油、天然ガス、金属など)が掘削できるようになったことで状況が一変したのです。

ロシア、カナダ、アメリカなど北極圏に領土を持つ国だけではなく、中国や石油メジャー、そして日本もなりふり構わずむらがっているのが現状です。

巨大な利権が生まれたため、北極を守る条約の制定も困難になってしまっています。

上記のエネルギー問題、領土争いに加え、異常気象による自然災害の増加や生態系の変化、そして災害と生態系の破壊の影響を受け、文化を守ることができなくなった先住民たち……など、北極には地球規模の問題が山積しています。

著者は北極が抱える問題を、冷静な視点でリポートしています。

北極、そして地球の未来はどうなっていくのか?
全貌がわからない問題にどうやって対処すればいいのか?

大きすぎる問題ですが、「目の前で苦しむ人々や生物がいるのだから、対処する」という著者のリアリスティックな姿勢は、北米や北極圏問題に係わる人々に高く評価されています。

ぜひご一読いただけますと大変うれしく思います。

担当F

北極大異変

4月26日発売『北極大異変』


★知のトレッキング叢書

『フランス人がときめいた日本の美術館』が発売になりました。

2016年4月26日


フランス人がときめいた日本の美術館本書は、日本を訪れる外国人の間で人気の高い英語版ガイドブック『The art lover’s guide to Japanese museums』の翻訳です。


著者のソフィー・リチャードさんは、フランス生まれ、ロンドン在住の美術史家。

日本美術に惚れ込み、10年間にわたって日本各地の美術館を訪れ、日本を訪れる外国人のために英語のガイドブックを執筆しました。


この本の特徴の第一は、美術史家であるソフィーさんのチョイス(選択)です。

数多くの日本の美術館の中から、フランス人の美術史家であるソフィーさんの目で57の美術館を厳選しています。

著名な美術館ばかりではなく、外国人から見て日本美術を包括的に理解するのに役立つ美術館(服飾や建築、江戸文化なども含まれます)も選ばれており、大きな視点から「日本の美術」を理解するのに役立ちます。

これを通読することで、日本人が気づかない視点で美術品や美術館の魅力を再発見できます。

また、もともと美術全般、建築などに造詣の深いソフィーさんが、自ら惚れ込んだ日本美術に関して詳述するわけですから、各々の美術館を語る文章は、従来のものにはない洞察力のある優れたガイドとなっています。

さらにそれぞれの美術館を訪れたときの周辺の美術館、博物館、観光名所など、美術館巡りの旅をする読者の役に立つ情報もフォローしています。

最後に、日本版独自の編集として、「sophie’s point」と題してソフィーさんにそれぞれの美術館について「その美術館を選んだ個人的な推薦理由、見どころ」を書いていただきました。

「本当に訪ねる価値のある」美術館を知りたい方、日本で美術館巡りの旅をされている方、日本美術を一から包括的に知りたいという方……。

『フランス人がときめいた日本の美術館』は、さまざまな読者に喜んでいただける本になりました。

是非、お近くの書店で手に取ってご覧ください。

担当T

「ご趣味はなんですか?」を英語で言うと?

2016年4月7日


突然ですが、英語関連の話をさせてください。

先日、ちょっとした英語の質問を周りの人にしてみました。


1.「がんばって!」は英語でなんと言うと思います?

2.「ご趣味はなんですか?」を英語で言うと?


1番は、 Fight! Don’t give up! Do your best! など、いくつかの答えが出ましたが、一番多かったのは、Do your best! でした。

2番ですが、これはほとんど例外なく What is your hobby? でした。


Do your best! という表現は、まさに 「ベストをつくさなければなりませんよ!」 という意味で、日本語の 「がんばって!」 とはニュアンスが違うようです。

また、hobbyは 「趣味」 とは訳せますが、「切手収集」「鉄道」 など、よりマニア性の高いものを指し、「読書」や「スポーツ観戦」 などは interests と言うそうです。

つまり、hobby がない人は世の中たくさんいるので、What is your hobby? と訊くと、相手が困ってしまうこともあるのです。


正直言って Do your best! がちょっと違うかなあ、というのはすぐに理解できますが、 What is your hobby? がおかしいなんていうことは、今まで考えたこともありませんでした。

英語圏との人と「お見合い」したら、使っていたかもしれません(笑)。


前置きが長くなってしまいましたが、一昨日『なぜ、その英語では通じないのか?』が発売になりました。

あのマーク・ピーターセンさんの最新書き下ろしです。

マークさんは、過去30年にわたって、「日本語と英語の隙間にあるもの」について深く考え執筆してきました。

今回の著作では、「がんばって!」や「趣味」など、生活していく上で基本的なことをどのように英語で自然に表現するのかを数多く取り上げています。

一読するとネイティヴの「英語感覚」がよく分かる内容になっています。


ところで、「がんばって!」「ご趣味はなんですか?」は英語ではなんというのか?

「がんばって!」→ Good luck!

「ご趣味はなんですか?」→ What do you do for fun?

という感じですが、ケース・バイ・ケースで他にもいろいろな言い方が考えられます。

詳しくはぜひ、本書をご覧になってください。

担当NBO

なぜその英語では通じないのか_帯

『外道クライマー』本日発売です!

2016年3月25日

外道クライマー
『外道クライマー』が発売になりました。


まずは、この本にお寄せいただいた二人の推薦文から。


夢枕 獏さん
「近年の山岳ノンフィクションで、
これほど面白く読んだものはない」

角幡唯介さん
「『那智の滝で逮捕』のニュースを聞き、
妙な嫉妬心と敗北感を覚えた」


小説とノンフィクション、ジャンルは違えど、冒険ものの第一人者、二人の書き手が絶賛する『外道クライマー』とは、一体どんな作品なのか?

一言で言うと、これは従来の冒険ノンフィクションとは一線を画した「冒険のポストモダン」です。

著者の宮城公博さんは、アルパインクライミングの世界では日本で十指に入る実力者であり、国内外で数多くの初登攀記録をもっています。

と同時に、数ある登山ジャンルの中で「最も野蛮で原始的な登山」と呼ばれる沢登りにこだわり続ける「沢ヤ」でもあります。

彼が自ら定義する「冒険」とは、人類初の場所やルートを行くもの。

しかも、生死ぎりぎりの境界に身を置く行為です。

宮城さんは「冒険とは何か」という問いに答えを出すべく、自らの身体を使った表現行為として山に登っているのです。

一見破天荒にも見える登山・冒険を繰り返すことで、「登山」や「冒険」という行為が本質的に持っている反社会性を浮き彫りにしていきます。

その筆致は時にシリアスに、時にユーモラスに、読者を惹きつけて止みません。


本書では、世界遺産・那智の滝を登攀しようとして逮捕されたのをきっかけに、日本や台湾、タイの前人未踏の渓谷に挑んでいきます。

日本に残された地理上の空白地帯だった称名廊下、日本を代表するアルパインクライマー佐藤裕介さんと共に冬期初登攀を成し遂げた落差日本一の称名の滝、怪物のようなゴルジュに挑んだ台湾の渓谷チャーカンシー……。

そして、「誰もやったことのない登山」をめざして行った46日間のタイのジャングル行は、道に迷い、激流に溺れかけ、飢えに耐え、大蛇と格闘する凄まじい旅でした。

登山、冒険などの興味のある方にとっては必読書とも言える『外道クライマー』、ぜひお近くの書店で手に取ってご覧下さい。

なお、宮城さんは、映画『エヴェレスト、神々の山嶺』にも山岳スタッフとして参加しました。

映画原作者の夢枕獏さんとの対談は、現在発売中の集英社クォータリー『kotoba』春号に掲載されています。

担当I.T.

si宮城さん2

著者の宮城公博さん。編集部にて。



 

土山しげるさん最新作『今夜はコの字で』が発売!!

2016年3月25日

今夜はコの字で
実在の「コの字酒場」の名店を舞台にしたマンガ『今夜はコの字で』が本日発売になりました。

コの字酒場とはコの字カウンターが店内にデンと構える大衆酒場のこと。

上座も下座もないそのカウンターは、誰がどこに座ってもフラットな関係に。

そんな空間が醸す「人のふれあい」と、その店でしか味わえない「極上の酒と肴」を、食マンガの大家・土山しげるさんが描きます!


原作は「コの字酒場」の命名者である加藤ジャンプさんが執筆。

これまで訪れた400軒以上のコの字から9店を厳選!

各話には、加藤さんのコラム「コの字に”ほの字”」と店データも収録しました。

第一話の神楽坂「焼鳥 しょうちゃん」がこちらで試し読みできます!!

担当:KS

『京都のツボ 識れば愉しい都の素顔』本日発売です!

2016年2月26日

kyotonotubo
『京都のツボ 識れば愉しい都の素顔』が発売になりました。

著者の柏井壽さんは、京都に関する本を70冊以上も上梓してきた、まさに京都のカリスマ案内人。

京都に生まれ、育ち、還暦を迎えてもなお、京都には尽きせぬ魅力がある、そして、普段の京都にこそその魅力は潜んでいる、と京都の奥深さを伝え続けています。


そんな柏井さんの新境地が『京都のツボ』。

京都の心を識ることができる「食のツボ」「地のツボ」「しきたりのツボ」を紹介し、京都の心を味わえる旅を提案しています。

たとえば、冬ならではの熱いお寿司の話、東寺はあるのに西寺がない理由、ちかごろ誤用されている「おもたせ」の本当の意味などなど。

それらがとても柔らかい、これまで柏井さんが使ったことのない文体で書かれているのです。

京都を旅したい、という方々だけでなく、京都に移り住みたい、という方々にもぜひ識っておいて欲しいことだからと、外から見るとややこしい京都人の心の綾も解き明かしています。

読めば、登場する食事を味わいたくなって、お寺や神社の歴史を確認したり、街角に潜む小さな不思議を探したくなります。

ややこしいなあ、と思いながらも、京都人の気持ちや暮らしの美しさに魅了され、日々の暮らしに「京の心」を取り入れたくなります。


柏井さんは、「京都のツボは歩いてこそ効くから」と本書に登場するお店やお寺、神社を組み込んだモデルコースも作成してくださいました。

これも新境地です。

「平家の悲哀をたどり、声明を識る半日コース」「伝説めぐりの1日コース」
……と、思わず本書片手に歩きたくなります。

ページをめくるのが愉しくなる柳智之さんによるイラストも満載。

モノクロなのに色彩があるような絵を見ると、水は豊かに澄み、おばんざいはおいしそうで、動物は今にも動き出しそうです。

地図や、お寺やお店の紹介も掲載しているのでガイドブックとしても使うことができます。

見た目もかわいらしい『京都のツボ 識れば愉しい都の素顔』、ぜひ書店で手に取ってご覧くださいませ。

手になじむ、旅のお供にぴったりのサイズです。


2月28日(日)が最終回ですが、柏井壽さんの小説が原作のドラマ『鴨川食堂』も大好評でしたね。

萩原健一さん、忽那汐里さん親子がとてもすてきでした。

なお、エッセイスト、小説家、ミステリ作家であるだけでなく、実は歯医者さんでもある柏井壽さんのインタビューが3月5日(土)発売予定の季刊誌『kotoba』に掲載されています。

歯医者さんだった柏井さんがなぜ本を書き始めたのか、毎月のように本を出版されるのはなぜか、など、興味深い内容です。

担当KY

マイナンバー制度に断固反対! 斎藤貴男・著『「マイナンバー」が日本を壊す』刊行のお知らせ

2016年2月22日

このたび、集英社インターナショナルより、ジャーナリスト・斎藤貴男さんの『「マイナンバー」が日本を壊す』を2月26日(金)に刊行いたします。


マイナンバー見本



まずは、帯の推薦コメントから。

「政治権力と巨大資本がなぜ監視社会を求めるのか、
それを本書は明らかにする」
 
――内田 樹氏 


「マイナンバーは監視社会を強化するための法律」 
――三枝成彰氏


「マイナンバーとあるが、〈私の〉ではない。〈国家の〉である」
――木村元彦氏


「少なくとも今のままでは反対せざるを得ない」
――想田和弘氏



1960年代後半、政府部内で浮上した「国民総背番号」構想、これがマイナンバー制度のルーツです。

国民の猛反発にあってお蔵入りするも、何度となく息を吹き返し、ついに現実のものとなりました。

個々人の生活のすべてをコンピュータで一元管理しようとする政府の本当の意図とは何なのでしょう。

排除型社会、封建時代さながらの身分制社会、さらには戦時体制の完成を意味するのでしょうか。

斎藤貴男さんは20年も前からこの問題について取材し、警告してきた第一人者。

マイナンバーは良いことずくめのように宣伝されていますが、個人情報のすべてをワンカード化する必要はありません。

それは、新たな犯罪の温床になり、利権にまみれ、経済的大損失を負い、プライバシーの侵害にあたります。弊害ばかりで世界の潮流にも逆行しています。

本書は、崩壊必至のこの愚策の問題点を明らかにしました。

ぜひお近くの書店で本書を手にとってみてください。

担当:ま


★知のトレッキング叢書 一覧はこちらから


山本太郎・著『みんなが聞きたい 安倍総理への質問』が発売になります!

2016年1月19日

ついにというかやっぱりというか、臨時国会が開かれないまま、年明け早々から、今国会が始まりました。

例によって例のごとくの答弁で、しかも半端な中継や報道ばかりで気が遠くなっているこのところ、太郎さんの出番はいつ!? とみなさんも待ちわびているのではないでしょうか。

そこでいよいよ、山本太郎さんの先の国会「安保特別委員会」の質疑フルバージョンに、新たな取材を加え、さらに+α(お楽しみに!)を収録した、

『みんなが聞きたい 安倍総理への質問』

が来週26日、発売になります!

忘れられないあの質疑、あのスピーチ、忘れちゃならないあのシーン…、すべて、収録されています。

いっぽうわれらが太郎さんは、「あなたの街に太郎を呼ぼう!」プロジェクトのただ中、全国いたるところから熱烈コールがかかり、今日は北海道、明日は沖縄と全国飛び回り、さまざまな場所で、みなさんとじっくりお話をされているところ。

ナマ太郎さんの説得力あるお話と、真摯で懐深さをじんわり感じさせるたたずまいも素敵ですが、ぜひ本書で、もうひとつのナマ太郎さんにも、出会ってくださいますように!

担当:し


1月26日(火)発売!!
『みんなが聞きたい 安倍総理への質問』山本太郎・著
abesorihenositumon

グルメ必読。ネットにないレストラン情報満載! 『絶対また行く料理店101』刊行のお知らせ

2016年1月18日

このたび、食評論家・横川潤さんの『絶対また行く料理店101』を1月26日(火)に刊行いたします。

101


まずは、帯の推薦コメントから。

「実際に足を運び、取材した、やらせなしの本物!」

オーギャマン・ド・トキオ オーナーシェフ 木下威征氏


「美味しさ以上の楽しさに気づかせてくれる。」

現代の名工 ロオジエ シェフソムリエ 中本聡文氏



本書は、食評論家の横川潤さんが、「絶対また行こう」と思う101軒の料理店を紹介したエッセイ形式のガイドブック。

料理の評価はもちろんですが、話はそのお店の雰囲気や歴史、従業員のサービス、シェフやオーナーの哲学にまで及びます。

そこには人やお店にまつわる興味深いストーリーがあり、凡百の食通ガイドとは明らかに異なるところ。

また、思わず吹き出してしまう軽妙洒脱な文章も楽しんでいただけます。

ちなみに横川さんは、アメリカの食ガイド「ザガット」を翻訳して我が国に紹介したほか、『東京最高のレストラン』の企画立案・採点者、(株)ローソン顧問なども歴任。

文教大学准教授(フードサービス・マーケティング論)でもあります。

ぜひお近くの書店で本書を手にとってみてください。

担当:ま

新しいワインの見方に、目からウロコ! 『新・ワイン学入門』発売のお知らせ。

2015年12月16日


このたび、「知のトレッキング叢書」の最新刊として、福田育弘著『新・ワイン学入門』(福田育弘・著)を刊行しました。


ワイン学見本


これまで何度かのワインブームを経て、ここ数年は第七次ワインブームといわれます。

その隆盛を牽引するのは新大陸と、そしていま熱い注目を集める日本ワインです。

昔のような甘いワインを想像していたとしたら大間違い。

日本ワインは確実に美味しくなったと言われますが、その理由とは?

そして、偉大なワインの産地は、むしろ自然条件に恵まれない土地であるという知られざる驚異の真実も、解き明かされています。

日仏のワインの歴史、世界の飲食スタイルの違いなど、飲食の社会学という独自の視点で論じた新しいワインの常識。

新しいワインの見方に、目からウロコ、間違いなし、です!


作家でワイナリーのオーナーでもある、玉村豊男さんからも


「フランス人には読ませたくない。
日本ワインが元気になる本」


と、素敵な推薦の言葉をいただきました。


『新・ワイン学入門』、ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。

担当KG


★知のトレッキング叢書 はこちらから