‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

「kotoba コトバ」新装刊号(2017年秋号)発売のお知らせ

2017年9月5日

9月6日(水)、集英社クオータリー「kotoba」2017年秋号が発売されます。



IMG_3835

おかげさまで弊紙は今号で創刊7周年を迎えることができました。これを機に、読者をさらに深い読書体験に誘いたい、それができる新しい雑誌をつくりたい、という決意を新たにしました。

kotobaは、タイトルロゴ、デザイン、用紙に至るまで一新し、新装刊号として再出発します。新たにアートディレクションをお願いした峯崎ノリテルさんは、風呂に入るとシャンプー裏の説明書きまで読んでしまうという活字中毒=読書好きです。峯崎さんと二人でスタジオというデザイン会社を立ち上げた正能幸介さんも連載ひとつひとつのタイトルロゴを何回もつくり直してくれました。


読書家の人たちが常に書棚に置きたくなるような季刊誌でありたい。その思いを込め、特集は「わが理想の本棚」としました。作家、研究者、書評家、書店の方々など、いわば本のプロフェッショナルたちに、ずっと手元に置いておきたくなるような、こだわりの本を選んでいただきました。

今まで明かすことのなかった、少年から青年時代にかけての愛読書10冊を挙げてくださった池上彰さん。海を渡った日本人たちを描いた、とっておきの10冊を選んでくださった池澤夏樹さん、自身をアフリカに、そして霊長類学・人類学に導いた本を自らの半生と重ね合わせた山極寿一さん、「捨てる女」が最後まで捨てられない10冊、という編集部のリクエストに応えてくれた内澤旬子さん、古今東西のミステリー独立短編集を選んでくださった米澤穂信さん・・・・・・。まだまだ続きますが、それぞれ考え抜いた「理想の本棚」を皆さんにつくっていただきました。10冊のリストが届くたびに、編集部でも、こんな面白そうな本があったのか、と驚きの声が上がりました。

保証します。きっとあなたが読みたくなる本が見つかるはずです。


編集部の机の上は、それぞれの方が選んだ本の山がいくつもできました。中でも、豊崎由美さんが選んだ分厚いメガノベル10冊の巨大な山は、あたりの風景を圧倒し、編集者たちの読書欲をかきたてています。


「読むと書店に行きたくなる」、それが新装刊号のキャッチフレーズです。
読みどころ満載のkotoba新装刊号、ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。



「kotoba」編集長 田中伊織

東京国際ブックフェアに出展いたします。

2016年9月20日

東京国際ブックフェアに出展いたします。

集英社ブース内に<集英社インターナショナル棚>を設置し、弊社棚で販売する書籍はすべて20%offで販売いたします。

たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております!!


会期:2016年9月23日(金)〜9月25日(日)10時〜18時

場所:東京ビッグサイト 西展示棟

ブース番号:6−15

http://www.bookfair.jp/


『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』品切れについて

2014年11月7日

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治・著)につきましては、一部の書店様、ネット書店様での品切れが発生しておりまして、皆さまには大変ご迷惑をおかけしております。

現在、3刷が決まっております。
ご購入の際は、お近くの書店様かネット書店様にご注文いただきますようお願いいたします。

改めて、皆さまにご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

集英社インターナショナル 出版部

「ちんすこう募金」振込口座終了のお知らせ

2013年5月8日

『争うは本意ならねど』の巻末(P301)に記載されている、我那覇和樹選手のCAS裁定費用を援助するための「ちんすこう募金」の振込先口座は、2013年4月24日を持ちまして閉鎖いたしました。

皆様のご協力に感謝いたします。

ありがとうございました。

担当TKD48

kotoba × club willbe トークイベントのお知らせ <第1回:4/6(金)ゲスト 加賀乙彦氏> 

2012年3月7日

集英社とクラブ・ウィルビーが主催するトークイベント

「kotoba クオータリーサロン」(有料)

がスタートします。

これからの生き方をじっくりと考えるための大人のサロン。

第1回目のゲストは、作家・精神科医の加賀乙彦氏。

テーマは「人生の後半をいかに充実させるか」です。

・日時 4月6日(金) 19時~
・会場 梅窓院 祖師堂(東京都港区南青山)


※詳細は下記リンクをご参照ください。
http://club-willbe.jp/info/0406kotoba_dai1kai.html

「kotoba」編集部

・集英社クオータリー「kotoba」
・クラブ・ウィルビー

映画評論家・町山智浩さんの書き下ろしWeb連載スタート!

2012年1月20日

町山智浩さんの書き下ろしシネ・ガイド

なぜ『フォレスト・ガンプ』は怖いのか
―映画に隠されたアメリカの真実―



が、本日スタートしました!
(さらに…)

本日放送の「ニコ生ノンフィクション論」に、『争うは本意ならねど』担当のTKDが出演いたします!

2012年1月16日

本日20時より放送の「ニコ生ノンフィクション論」に、『争うは本意ならねど』担当のTKDが出演いたします!


ニコ生ノンフィクション論

ノンフィクション作品はどのようにして

生まれるのか?


作り手の現場から、未来を考える



・日時:2012年1月16日(月)開場19:50 開演20:00

・番組の詳細、視聴予約URL
http://live.nicovideo.jp/gate/lv77660410

(さらに…)

映画評論家・町山智浩さんのWeb連載が始まります!

2012年1月12日

集英社インターナショナル公式サイト 初のWeb連載!!

町山智浩さんの書き下ろしシネ・ガイド
なぜ『フォレスト・ガンプ』は怖いのか
―映画に隠されたアメリカの真実―


が、いよいよこの1月20日より始まります!



いま最もその言動が注目されている映画評論家・町山智浩さんの
深読み映画コラムが毎月WEBで読めます!

映画ファンなら知らない人はいない町山智浩さん。

東京MXTVの「松嶋×町山・未公開映画を観るTV」(毎週金曜23時30分〜)や、町山さんご自身の公式ブログ(ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記)などで素顔をご存知の方もかなりいるはずですよね。

(さらに…)

ロジャー・パルバースさんがNHK「100分de名著」に出演中です!!

2011年12月15日

本日発売『もし、日本という国がなかったら』著者のロジャー・パルバースさんが、NHK教育テレビ「100分de名著」(毎週木曜日・午後10時〜10時25分)に出演中です。

自ら「日本が生んだ、世界における20世紀最大の表現者」と畏敬し、本書でも、宮沢賢治の人となりやその素晴らしい思想を随所で紹介しているパルバースさんですが、この12月、4週連続でNHK教育テレビ(Eテレ)の「100分de名著」という番組に出演され(第二回まで放映済み)、その代表作『銀河鉄道の夜』を通して、賢治が現代のわれわれに送り続けるメッセージをわかりやすく解説します。
(さらに…)

集英社クォータリー「kotoba-コトバ-」2012年冬号 発売のお知らせ

2011年12月2日

12月6日(火)集英社クオータリー「kotoba-コトバ-」の2012年冬号が発売になります。

冬号は

「男と女、死ぬまで恋したい」

と題して、男と女の恋愛と性、結婚などをテーマにしています。

kotoba冬号

作家の渡辺淳一さんのインタビューでは、「事実婚」という新しい男女の結婚の形態を提案すると同時に、高齢者のエロスの可能性について語っています。

フランス文学者の鹿島茂さんと生物学者の福岡伸一さんの対談では、昨今話題の「草食系男子」について、「領土的制圧が維持されて経済的な基盤が安定していくと、女性原理が強くなる傾向にある」(鹿島)、「文化的、経済的な成熟期になると、メスはオスにあまり命じなくなってしまい、オスは生物学的なアイデンティティ危機に陥る」(福岡)、という興味深い分析を披露されています。

その他、上野千鶴子さん(東京大学名誉教授)と北原みのりさん(「ラブピースクラブ」代表)の対談「この四〇年間で女のセックスは変貌を遂げたか?」や早稲田大学で「恋愛学」を講義する森川友義(早稲田大学教授)が市場原理や投資のルールで恋愛・結婚・不倫・離婚を説明する記事「四〇代からの恋愛学」など、読みどころ満載です。

「kotoba」2012年冬号、ぜひお近くの書店で手に取ってみてください!

「kotoba」編集長 田中伊織

○「kotoba」公式サイト