「ウサイン・ボルトに会えるまで」第7回

ボルト見事、勝ちました!

ボルトが世界陸上100メートルを制しました。

日曜日(23日)のレースはご覧になりましたか?

ボルトが“必死”に走る姿を初めて見ました(笑)。

私、以前この場で、「ボルトは9秒53で勝つ」と予想しましたので、半分だけ正解ということでしょうか。

ヒゲを剃るので許してください……。

正直、準決勝が終わったとき、勝ち目はないと思いました(みなさんもそう感じたのでは?)。

つまづいてしまったことを差し引いても、ボルトは走りに精彩を欠き、宿敵ガトリンはあまりにも安定していました。

とにかく、「世界陸上やオリンピックの決勝で、ギリギリで勝利するボルト」というのを想像できなかったのです。

しかし、練習不足でも不調でも勝ちました。

やっとのことで勝利するボルトというのも、なんだか人間味が感じられて、興奮と感動も増したように感じられます。

『ウサイン・ボルト自伝』では、失敗したレースについていくつか触れていますが、このレースはおそらくボルトにしてみれば、「失敗」のカテゴリーにはいるのかもしれません。

それでも勝つんですからね……。

今日25日(火)は、200m予選です。

あの16歳の日本代表サニブラウン、そしてもちろんガトリンもリベンジを期して出場します。

準決勝(26日)、決勝(27日)とレースはすべて、午後8〜9時台に行われます。

応援しましょう!

担当NBO

★好評発売中!!
『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト・著、生島淳・訳
amazon_usainbolt