‘資本主義はなぜ自壊したのか’ カテゴリーのアーカイブ

『資本主義はなぜ自壊したのか』中国語版!

2010年9月29日

資本主義は……中国語版

資本主義は……中国語版



雑誌や新聞と比べれば、書籍、ことに書籍の初刷の部数というのは実に小さなもので、作っている当事者の私たち自身、「本当にミニコミだなぁ」と思ったりもするのですが、しかし、そのように少部数でのスタートではあっても、一生懸命に著者とタッグを組んで作った本が予想以上の読者を得たり、あるいは思いも寄らない反響を得たりするもので、「これだから書籍編集は止められない♪」と思ったりもします。

さて、近ごろ、私(MKT)が作った本の「余波」というか「反響」があったもので、嬉しくなってしまいました。

その一つは一昨年の冬に出した中谷巌著『資本主義はなぜ自壊したのか』の中国語版が発行されたこと。
(さらに…)

朝日新聞 “beランキング”で2位に選ばれました!

2010年2月1日

1月30日(土曜日)の朝日新聞・朝刊の”beランキング”で、弊社の『資本主義はなぜ自壊したのか』(中谷巌著)が「読んでお得なビジネス書」の2位に選ばれました!

このランキングは、2009年の1年間、紀伊國屋書店で売れたビジネス書50冊の中で、各界の識者のかたが「これはお薦め」という本を投票した結果に基づくもの。ビジネス書版の「このミス」(このミステリーがすごい!)というような感じでしょうか。

この1年間の内外の社会変動はかつてない、大きなものだったわけですが、その状況下で、1年前に出たこの本が今でも「お薦め」と言われるのは、じつに光栄なことです。

「こんな『ビジネス書』はちょっとないかも!」とひそかに鼻を高くしてしまった担当者であります。

『資本主義はなぜ自壊したのか』09年ベスト経済書5位に!

2009年12月25日

いよいよクリスマス。
みなさまは年末をいかがお過ごしでしょうか。

さて、弊社より刊行しました中谷巌著『資本主義はなぜ自壊したのか』が、週刊ダイアモンド誌2009年12月19日号の特集記事「経済学者・経営学者・エコノミスト142人が選んだ2009年の『ベスト経済書』」で、第5位に選定されました。

日本の名だたる経済・経営学者やエコノミストの方々が「これぞ2009年のベスト3」と思う本にそれぞれ投票した結果を集計したものということです。その中でベスト5に選ばれるというのは、たいへん光栄なことです。

本書の中で中谷氏が提案しておられる「ベーシック・インカム」の考えは、現在の政府でも検討されているそうです。ぜひとも2010年はもっと明るい日本社会になるように祈りたいものです。