『ローマで語る』が読売新聞で紹介されました!

12月13日(日)読売新聞・書評欄「本よみうり堂」の「著者来店」コーナーで、塩野さんとアントニオさんへのインタビューが掲載されました。

一言で言うと、「大人の親子」の関係が生き生きと引き出されている記事だと思いました。ぜひぜひご一読を。

なお、近日中にウェブ版の本よみうり堂でも読めるようになるはずです。

『週刊 鉄道絶景の旅』好評発売中です!

集英社刊の分冊百科『週刊 鉄道絶景の旅』の編集部は、集英社インターナショナルにあります。

本誌は、日本各地の「絶景」を訪ねる鉄道旅の分冊百科です。

鉄道マニアだけが目にしてきた「絶景」を路線ごとに紹介しています。

誌面内容は、乗車記をはじめ、鉄道遺産、パノラマ地図、途中下車ガイド、名列車図鑑、撮影ポイントガイドなど盛りだくさん!

詳しくはこちらから。

また、本誌が協力して2009年10月からBS朝日のテレビ番組(BS朝日「鉄道・絶景の旅」ー毎週木曜夜9:00〜9:50)にもなりました。

こちらもあわせてよろしくお願いします 😀

『週刊 鉄道絶景の旅』編集部
『週刊 鉄道絶景の旅』編集部

編集長M

神保町カフェ ラドリオ

本の街、カレーの街、で有名な神保町ですが、カフェ(というより喫茶店)の街でもあります。

食後の珈琲タイムはもちろん、原稿読みや著者との打合せなど、編集者にとって喫茶店はとても身近な存在。

神保町には、古く歴史のある喫茶店からチェーンの珈琲店まで、新旧カフェが揃っています。

というわけで、不定期ブログでは神保町のグルメ情報もアップしていきたいと思っていますのでお楽しみに 😛

初回の今回は、定番、老舗の喫茶店「ラドリオ」

創業は昭和24年(創業60年!!)。

「昭和モダン」を感じさせる、雰囲気のあるお店です。

日本で初めてウィンナー珈琲を提供したお店としても知られ、私もよく飲んでいます。

夕方からはBarTimeに。

出版部K

ウィンナー珈琲
「ラドリオ」のウィンナー珈琲

アントニオが製作助手を務めたイタリア映画『副王家の一族』 11/7(土)より公開中です!

19世紀半ば、ブルボン王朝支配下のシチリア―。
かつて国王の代理として君臨していたスペイン・ブルボン王朝副王の末裔、名門貴族のウゼダ家では、絶大なる権力を持ち、強欲な父ジャコモと、嫡男のコンサルヴォが愛憎の挟間で激しく対立していた。
遺産相続のための権力争い、父子の確執、母を裏切る浮気、身分違いの恋など様々な問題を抱えながらも、一族はイタリア統一へと向かう激動の時代をしたたかに、そして美しく生き抜いていく。
やがて当主となるコンサルヴォが、誇り高き一族を守るため、そして激動の時代にも変わらずに生き残るために下す、衝撃の決断とは―。