大好評!町山智浩さんの連載コラム、第14回目の新原稿をアップしました!

大好評!町山智浩さんの連載コラム
「なぜ『フォレスト・ガンプ』は怖いのか」第14回目の新原稿を本日アップしました!

いまや売れっ子作家の町山さんから、早ばやと『國民の創生』論の完結編が届きました。

連載第12回目の「前編」以来、3回にわたってディープに語り尽くされてきたこの『國民の創生』。

なぜ町山さんがこれほどまでに力説してきたのか、そのわけが、今回の「後編」までを通読いただければおわかりでしょう。

記事を読むにつけ、アメリカの歴史と、かつてはマイナーな娯楽にすぎなかった映画との関係に担当は思いをめぐらしています。

そして、そんな映画がアメリカを動かす、いや、歪めさせることがあるとも痛感しています。

映画の力って、本当にすごいものがありますよね。

そんなことを町山さんの原稿は明らかにしてくれるのです。

ところで、これまで日本では発売されていなかった数々の大注目作品(たとえば『マドモアゼル』など)が、町山さんの評論活動を契機に、どんどん復刻・発売されるようになりました。

いい傾向ですねえ。

興味のある方は、町山さんご自身のブログを検索してみてください。

では、次回を大いに期待して待っていてください。

担当HRT

bannerT_machiyama1