これも天文現象──「うるう秒」を知っていますか?

こんにちは。
村山斉・著『宇宙はなぜこんなにうまくできているのか』担当MTKWです。

明日2月29日は「うるう日」ですね。

地球の公転周期が365日と6時間弱なことから、4年に1度「うるう年」のときに1日追加されることは万人の知るところですが、今年は3年半ぶりに「うるう秒」が挿入されることは皆さんご存じでしたでしょうか。

今回のうるう秒の調整では2012年7月1日の午前8時59分59秒と、午前9時00分00秒のあいだに「8時59分60秒」が挿入されます。この日は1日が24時間と1秒になるんですね。

さて、うるう日は地球の公転が影響していると先ほど書きましたが、うるう秒は何による影響だと思いますか。


答えは「地球の自転」です。

現在の時刻は原子時計を基準としていて、地球の自転とは無関係に時を刻んでいきます。ただ、地球の自転速度はわずかずつですが遅くなってきています。そこで自転で決まる時刻と、原子時計との差が広がらないように、ときどき1秒足すようにしているのです。

ちなみに地球が誕生した頃の自転周期は5時間程度だったと言われています。
地球の動きが遅くなってきているなんて不思議ですね。

今年の7月1日は午前9時の時計の動きをチェックして、自転のスピードを感じてみてください。

moon1.gif 2012年は天文現象の当たり年!
村山斉先生が 宇宙の仕組みをわかりやすく解説する
『宇宙はなぜこんなにうまくできているのか』、絶賛発売中です!