「フクロウが飼いたくなる」病にご注意ください!

とっても、カワイイ本を皆様にお届けいたします。
40代独身の劇作家が、自宅の6畳の仕事部屋で放し飼いにしているフクロウとの心暖まる同居の物語です。

名前は、コトバ。
マンションの部屋の中で、自由に飛び回るフクロウ。

カットティッシュ_あたり

パソコンのキーボードから「L」の字をつつき出したり、ティッシュをバラバラにしたり、掃除機の音に驚いて木の枝に化けたり……楽しくて不思議な同居生活が続きます。

そんなある日、ふとしたことから、窓の隙間からコトバが逃げ出してしまう。

窓_あたり

野生を知らないコトバが、外で生きていられる時間は3日か4日。
半狂乱になって探す、著者。
タイムリミットが過ぎていきます。

コトバ、待ってろ、今、見つけてやる……。

この先、どうなるか?
それは、ぜひ読んでみてください。

あ、電車で読むときは、ハンカチのご用意を忘れずに。

イラスト:水谷有里

TKD48

高木尋士著『フクロウのいる部屋』
fukurou