『資本主義はなぜ自壊したのか』09年ベスト経済書5位に!

いよいよクリスマス。
みなさまは年末をいかがお過ごしでしょうか。

さて、弊社より刊行しました中谷巌著『資本主義はなぜ自壊したのか』が、週刊ダイアモンド誌2009年12月19日号の特集記事「経済学者・経営学者・エコノミスト142人が選んだ2009年の『ベスト経済書』」で、第5位に選定されました。

日本の名だたる経済・経営学者やエコノミストの方々が「これぞ2009年のベスト3」と思う本にそれぞれ投票した結果を集計したものということです。その中でベスト5に選ばれるというのは、たいへん光栄なことです。

本書の中で中谷氏が提案しておられる「ベーシック・インカム」の考えは、現在の政府でも検討されているそうです。ぜひとも2010年はもっと明るい日本社会になるように祈りたいものです。