『リオとタケル』 東大生協さんからも感想をいただきました! 

LGBTという言葉をご存知ですか?

L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、T(トランスジェンダー)の頭文字で、セクシュアル・マイノリティを指します。

日本の人口に占めるLGBTの割合は約5%、20人に1人とも言われています。

『リオとタケル』では、取材に応じてくれたみなさんも、著者の中村安希さんご自身も、ゲイのカップル「リオ」と「タケル」の生き方を通して、自らのセクシュアリティと向き合っていきます。

本を読まれた方も皆さん、色々なことを感じてくださるようです。

そんな中、東大生協・本郷書籍部さんでは、『リオとタケル』刊行記念としてLGBT関連コーナー(知る 読む 考えるLGBT)を作ってくださいました!

当コーナー担当の佐藤直子さんからも感想コメントをいただきました。

===============

“彼は幸福でいることによって、類い稀なる説得力を獲得した”(182P)

本当にそうだと思います。
幸福に誠実に生きている二人を否定する理由なんてどこにも見つけられない。幸福に誠実に生きるために二人がはらっている努力がとてつもないものだろうと想像できる場合にはなおさら。
世界中の、大切な人に巡りあうことができた二人を、心から祝福したい気持ちになりました。
(東大生協本郷書籍部 佐藤直子)

東大生協・本郷書籍部さんにて
東大生協・本郷書籍部さんにて
 
東大生協・本郷書籍部さんにて
東大生協・本郷書籍部さんにて

===============

そして、本日のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に中村安希さんがゲスト出演されます!

『リオとタケル』についてたっぷりお話しいただきます。

中村さんの出演は24:00頃予定です。お聞き逃しなく!

広報K