7月25日(金)発売『「サル化」する人間社会』の見本が届きました!

さきほど届いた見本。

saruka

7月25日(金)に発売される『「サル化」する人間社会』は、霊長類研究の世界的権威として知られる山極寿一先生(京都大学大学院理学研究科教授)の最新刊です。

先頃、山極先生は京都大学の次期総長に就任することが決まり、一躍「時のひと」となりました。新聞・雑誌でも大きく報じられていましたね。

就任会見で、山極先生は 「ゴリラのように泰然自若と」 がモットーと発言。

「人間より広く深い自然の視点で見れば、人間が抱える問題を越える工夫も得られるのではないか」と、いかにもゴリラ先生らしい発言をされました。

そうしたゴリラの魅力をはじめ、霊長類研究から見た人間の本性(ほんせい)とは何か、社会とは何かをわかりやすくお話してくれているのが、この『「サル化」する人間社会』なのです。

♣ ヒトの睾丸は、チンパンジーより小さく、ゴリラより大きい。

 その事実からわかる進化の謎とは?

♣ 言葉が誕生する前、人間はどうコミュニケーションしていたのか?

♣ ゴリラは歌う。どんな時に、何のために?

などなど、気になるお話がたくさん出てきます。
発売をお楽しみに☆

担当KG