‘重版情報’ カテゴリーのアーカイブ

明石順平・著『アベノミクスによろしく』重版決定!

2017年11月7日

10月6日発売のインターナショナル新書『アベノミクスによろしく』、お陰様で重版が決定しました。


IMG_3844

本書の発売直前の9月28日に衆議院が解散され、10月22日に総選挙が行われました。

予期せぬ解散・総選挙となりましたが、今回の選挙期間中、ピーター・バラカンさんをはじめネットで多くの方が「選挙前に必読!」と『アベノミクスによろしく』を紹介してくださいました。

「実質賃金は上がってないけれど、株高がつづいているのでアベノミクスは効果があったのでは」――著者の明石さんから送られてきた原稿を読む前は、担当編集であるわたしも、そう思っていました。

しかし、明石さんの原稿を読んでみると、アベノミクスにより、国内消費は「リーマンショック時を越える下落率」を記録。

しかもGDPかさ上げ疑惑まであることを知り、愕然としました。

本書では90近いグラフと表を使って、それらを具体的に説明しています。



「アベノミクスの失敗がよくわかった」(男性・57歳)、
「この本に出会えて嬉しいです。目の前の霞がはれました」(女性・69歳)
といった声も、たくさんお寄せいただいていております。



多くの方にご好評いただいている、明石順平・著『アベノミクスによろしく』をぜひお近くの書店さんにて手にとってみてください!

ウェブサイトでは、第一章を公開中です。



担当MTKW

売れると思ったのに・・

2010年3月8日

本好きの方にファンの多いことで有名なジュンク堂さんです(実は私も大好きです)が、その福岡店でとっても気になるフェアを開催中というニュースが朝日新聞のウェブサイト(asahi.com)に掲載されているのを発見しました。

そのフェアとはなんと!ジュンク堂で働いておられる目利きの書店員さんが

「売れると思ったのに、なぜに売れぬ」

と思った本を選りすぐって100冊並べてフェアをなさっているというのです!


(さらに…)