老化と脳科学 | 集英社インターナショナル 公式サイト
電子書籍

老化と脳科学

山本啓一

¥780(本体)+税   
発売日:2019年08月07日

物忘れ、認知症、アルツハイマー……、
私たちの頭の中でいったい何が起きている!?

老化研究はどこまで進んでいるのか?  老化による脳の衰えや病気を遅らせることはできるのか? 細胞生物学者である著者が、海外の一流学術誌『ネイチャー』や『セル』などから老化研究の先端情報を吟味し、「脳を老けさせないため」にいったい何が有効なのか紹介する。さらに、運動、睡眠、食事など日常生活へのアドバイスも掲載。


商品情報

書名(カナ)ロウカトノウカガク
判型新書判
ページ数176ページ
ジャンル医療
ISBN978-4-7976-8042-3
Cコード0247

著者略歴

山本啓一(やまもとけいいち)

細胞生物学者。1948年東京都生まれ。東京大学卒業。理学博士。博士研究員としてスタンフォード大学に留学。帰国後、順天堂大学、放送大学、創価大学の教員を経て、千葉大学理学部教授となる。千葉大学名誉教授。著書に『グルコサミンはひざに効かない』(PHP新書)などがある。

担当編集者より

山本先生が今回の本を執筆するきっかけは、クラス会で会った同級生たちでした。
「頭の中はどうなっているか目に見えないので不安だ! ボケないためにはどう生活するのがいい?」ということを友人たちから口々に聞かれたそうです。
シミやしわ、筋肉の衰えなど外見的な部分は、目で見てわかるし、内臓も内視鏡などで見えるけど、確かに、頭の中を見ることはできないですよね。
私も会話中にあまりにも固有名詞が出てこないと、「いったい私の頭の中ってどうなっちゃってるんだろう?もしや若年性……?」など不安がよぎる時もあります。
『老化と脳科学』は、脳の仕組みをきちんと「科学的」に理解しよう。そして、今、現在、研究で明らかになっていること、脳の老化に対して何が有効で、何がダメなのかを紹介していきます。
(さらにもっと詳しく知りたい方のために、参考文献のリストを章末に掲載しています)
少しでも自分の脳に対して不安がよぎったら、ぜひ本書を手に取ってご覧いただければ幸いです。

表紙画像・リリースのダウンロード

表紙画像の使用については 〈こちら〉 をご確認ください。