感染症は実在しない | 集英社インターナショナル 公式サイト
電子書籍

感染症は実在しない

岩田健太郎

¥980(本体)+税   
発売日:2020年04月23日

コロナウイルス・パニックの今こそ理解すべき感染症という「現象」

 

新型コロナウイルスの集団感染が発生した客船、ダイヤモンドプリンセス号に乗り込み(一日で追放)、船内の状況を告発した岩田健太郎医師。その名著『感染症は実在しない』(2009年)を新書化。 ウイルスを見て、患者と病気を見ようとしない日本の医療を糺し、検査や薬の効果への認識のあり方が感染症という現象を生み、パニックにつながることを諭す。結核やインフルエンザなどの感染症も例に、「病気と病気でない人の間」で戸惑う人々に喝!そして正しい理解と知識によって不安からサバイブする道を示す。


商品情報

書名(カナ)カンセンショウハジツザイシナイ
判型新書判
ページ数320ページ
ジャンル医療
ISBN978-4-7976-8052-2
CコードC0247
刷数第2刷

著者略歴

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

医師。神戸大学医学研究科感染症内科教授。1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学)卒業。沖縄県立中部病院研修医、セントルークス・ルーズベルト病院内科研修医を経て、ベス・イスラエル・メディカルセンター感染症フェローとなる。03年に中国へ渡り北京インターナショナルSOSクリニックで勤務。04年、帰国。08年より神戸大学。

目次

1 感染症は実在するか

2 病院の検査は完璧か

3 感染症という現象

4 なぜ治療するのか

5 新型インフルエンザも実在しない

6 他の感染症も実在しない

7 メタボ、がん感染症じゃない病気も実在しない

8 関心相関的に考える

9 科学的に、本当に科学的に考えてみる

10 医者は総じて恣意的な存在 11価値交換としての医療の価値

表紙画像・リリースのダウンロード

表紙画像の使用については 〈こちら〉 をご確認ください。