僕は、字が読めない。 | 集英社インターナショナル 公式サイト

僕は、字が読めない。

読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年

小菅宏・著

¥1,429(本体)+税   
発売日:2009年08月26日

LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)は「障害」なんかじゃない!

3度の転校、数々の自傷行為……
家族とともに<ディスレクシア>と向き合った若者の感動の物語。

知っていますか?
トム・クルーズも、現スェーデン国王陛下も「文字の読み書き困難」を公表(カミングアウト)しています。


商品情報

書名(カナ)ボクハジガヨメナイ ディスレクシアトタタカイツヅケタナグモアキヒコノ24ネン
判型四六判
ページ数240ページ
ジャンルノンフィクション
ISBN978-4-7976-7193-3
Cコード0095

著者略歴

小菅 宏(こすが・ひろし)

出版社(集英社)勤務で週刊誌・月刊誌の編集者を経て、1990年独立。主著に『琵琶湖周航の歌 誕生の謎』(NHK出版)『姉 美空ひばりと私』(共著)、『ジャニー喜多川の戦略と戦術』(以上講談社)『八百字のありがとう、さようなら』(主婦と生活社)『編集者とはどういう人たちか』(はまの出版)など多数。近年は江戸時代に関する著書も多く、『「江戸」な生き方』『江戸発禁本 壇の浦合戦記』『江戸発禁本 色里三所世帯』(以上徳間文庫)『花のお江戸の色模様』『吉原遊廓 花魁の秘密』『大奥 色とミステリー』(以上辰巳出版綜合図書)『大江戸風俗事始』『江戸の家計簿』『大江戸吉原御開帳』(以上ぶんか社)、『古史料が明かす本当の直江兼続』(実業之日本社)。本著は四十四冊目の上梓となる。