データ農業が日本を救う | 集英社インターナショナル 公式サイト
電子書籍

データ農業が日本を救う

窪田新之助

¥840(本体)+税   
発売日:2020年08月07日

データの活用が農業の未来を作る
転換期にある日本の農業は、ポスト・コロナ時代にどうなる?作って農協に卸すだけの従前のシステムが大きく揺らぎ、生産・収穫の現場から流通・販売に至るまで、徹底的にデータを取り、活用する「データ農業」の時代が到来する。作物そのものの「生体データ」、成長に影響する温度、光、土質などの「環境データ」、それらを統合・管理する「管理データ」。オランダから北海道まで、それぞれの先鋭的な取り組みを取り上げ、日本農業の未来を探る。


商品情報

書名(カナ)データノウギョウガニホンヲスクウ
判型新書判
ページ数224ページ
ジャンル科学・技術
ISBN978-4-7976-8056-0
Cコード0260

著者略歴

窪田新之助(くぼた・しんのすけ)

農業ジャーナリスト。1978年、福岡県生まれ。明治大学文学部卒。2004年、日本農業新聞に入社。外勤記者として国内外で農政や農業生産の現場を取材。2012年よりフリーに。NPO法人ロボットビジネス支援機構のアドバイザーを務める。2014年、米国国務省の招待でカリフォルニア州などの農業現場を訪れる。著書に『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』(共に講談社+α新書)などがある。

目次

第1章 データが農業をつくる時代

第2章 進化する植物との対話

第3章 農業から食産業へ

第4章 下町ロケットは現実になるのか

第5章 データのやり取りは世界標準の通信規格で

第6章 ガラパゴス品種が世界で強みを発揮する

関連動画

窪田新之助氏『データ農業が日本を救う」刊行によせて

表紙画像・リリースのダウンロード

表紙画像の使用については 〈こちら〉 をご確認ください。