ダ・ヴィンチ、501年目の旅 | 集英社インターナショナル 公式サイト
電子書籍

ダ・ヴィンチ、501年目の旅

布施英利

¥920(本体)+税   
発売日:2020年08月07日

死後500年、新しいダ・ヴィンチ像を求めて
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)が死して500年。21世紀の今なおその作品に魅了される我々は、「万能の天才」に対してどのようなイメージを抱いているのだろう?
その姿を求めて美術批評家の著者は旅に出た。
パリ、ロンドン、ミラノ、フィレンツェ…、節目の年に開催される大がかりな展覧会やゆかりの地を巡る。美術史、文化史からのアプローチにとどまらず、解剖学や工学などの視点からも作品を見ることで浮かび上がってきたダ・ヴィンチの新しい姿とは?
●『最後の晩餐』→使徒たちの腕の動きが意味するものは?
●『受胎告知』→マリアの腕はなぜ長い?
●『モナリザ』→左腕が2本、描かれていた?
●『モナリザ』の微笑み→顔のパーツそれぞれは笑っていない
●ミケランジェロ、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、ウォーホルとダ・ヴィンチの意外な関係


商品情報

書名(カナ)ダヴィンチゴヒャクイチネンメノタビ
判型新書判
ページ数280ページ
ジャンル芸術
ISBN978-4-7976-8057-7
Cコード0271

著者略歴

布施英利(ふせ・ひでと)

美術批評家・解剖学者。1960年生まれ。東京藝術大学美術学部卒業。同大学院博士課程修了(美術解剖学専攻)。学術博士。東京大学医学部助手(解剖学)などを経て、解剖学と美術が交差する美の理論を探究し続ける。大学院生のときに出版した『脳の中の美術館』以来、著書は『死体を探せ!』『構図がわかれば絵画がわかる』『ヌードがわかれば美術がわかる』など約50冊を数える。オンラインの学校「電脳アカデミア」の活動にも取り組んでいる。

目次

第1章 2005年、イタリア、ドイツ、フランス、ロシア
        ……ダ・ヴィンチ全点踏破を目指す旅

第2章 2017年、フィレンツェ、ミラノ
        ……ダ・ヴィンチ若き日の絵画

第3章 2019年夏、ロンドン
        ……ダ・ヴィンチの手稿

第4章 2019年冬、ロンドン、パリ
        ……ダ・ヴィンチの絵画

第5章 パリ、501年目の『モナリザ』への旅

関連動画

布施英利氏『ダ・ヴィンチ、501年目の旅』刊行によせて

担当編集者より

布施英利さんとは約30年のお付き合いになります。今回は30年よりもずっと昔、ダ・ヴィンチが亡くなった500年前と現在をつなぐ旅に出ていただきました。生涯、遠近法、解剖学などをキーワードに「万能の天才」をより深く理解していただける1冊になっています。ぜひ、既刊『ヌードがわかれば美術がわかる』とあわせてお楽しみください。

表紙画像・リリースのダウンロード

表紙画像の使用については 〈こちら〉 をご確認ください。