オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか | 集英社インターナショナル 公式サイト

オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか

山田健・著

¥1,300(本体)+税   
発売日:2015年06月26日

生態系ピラミッドが教えてくれる、日本の未来とは!?

生物間の食物連鎖の関係性を描いた生態系ピラミッド。
そのバランスが崩れたことにより鹿や害虫が増殖し、基礎となる土壌はぼろぼろ。多種多様な生物が溢れる環境と豊かな土壌は互いが互いを必要とする相互関係にあるのに、日本の生態系ピラミッドはいまや絶滅種で歯抜け状態だ。
はたして、これからの日本で豊かな生態系を取り戻す方法はあるのだろうか。

人類を含めた生き物達の未来を守るために、森で、農地で、都市で出来ることは何なのか。その対策を探っていく。


商品情報

書名(カナ)オオカミガイナイトナゼウサギガホロビルノカ
判型四六判
ページ数194ページ
ジャンル科学・技術
ISBN978-4-7976-7302-9
CコードC0040

著者略歴

山田 健(やまだ・たけし)

1955年、神奈川県生まれ。78年、東京大学卒業。 同年、サントリー株式会社(現・サントリーホールディングス株式会社)に入社。 現在、エコ戦略部チーフスペシャリスト兼水科学研究所主席研究員として、「天然水の森」の企画・研究・整備活動を推進している。『水を守りに、森へ』(筑摩選書)、『ゴチソウ山』(角川春樹事務所)など著者多数。 九州大学客員教授、(公)日本鳥類保護連盟理事、(公)山階鳥類研究所理事、日本ペンクラブ会員。

目次

第一章 生き物の世界は必ずピラミッド型になる
第二章 ピラミッドの基盤である「土壌」に、もう一度注目しよう
第三章 いま、日本の森の土壌は、どうなっているのか
第四章 身近な環境に、生物多様性を取り戻すために