アベノミクスによろしく | 集英社インターナショナル 公式サイト
電子書籍

アベノミクスによろしく

明石順平・著

¥740(本体)+税   
発売日:2017年10月06日

公的データで徹底検証!
アベノミクスの欺瞞と失敗。

「アベノミクス以降の実質GDPは、3年間で比較すると民主党政権時代の3分の1しか伸びていない」「2014年度の国内実質消費は、戦後最大の下落率を記録」「算出基準改定のどさくさに紛れてGDPを異常にかさ上げ」といった知られざる事実を、政府や国際機関による公式発表データを駆使して導きだし、詳細に分析!


藻谷浩介氏(日本総合研究所主席研究員)推薦! 
「客観的事実のみを書いた、文句のつけようのない内容」

井手英策氏(財政社会学者、慶應義塾大学教授)推薦! 
「“リアル”がアベノミクスの正義と幻想を破壊する! 」


商品情報

書名(カナ)アベノミクスニヨロシク
判型新書判
ページ数224ページ
ジャンル政治・経済
ISBN978-4-7976-8014-0
CコードC0233

著者略歴

明石順平(あかし・じゅんぺい)

弁護士。1984年、和歌山県生まれ、栃木県育ち。東京都立大学法学部、法政大学法科大学院を卒業後、現職。主に労働事件、消費者被害事件を担当。ブラック企業被害対策弁護団所属。ブログ「モノシリンの3分でまとめるモノシリ話」管理人。

担当編集者より

著者の明石順平さんは、労働事件・消費者被害事件を主に担当されている現役の弁護士です。「なぜ弁護士が、経済書を?」と不思議に思われる方も多いでしょう。明石さんは、「モノシリンの3分でまとめるモノシリ話」というブログで、「何でも知ってるモノシリ生物モノシリンが、詳細なデータをもとに、“世の中の仕組み”をわかりやすく解説する」記事を書いています。そこであるとき、「アベノミクス」について書こうと思い、その中身について調べてみると……問題が出てくる、出てくる。詳しくは本書をご覧いただきたいのですが、明石さんはアベノミクスの欺瞞と副作用を、90近いグラフや表を使って分析しました。そのブログに掲載した記事を大幅に加筆・修正していただき、この度の出版に至ったのです。
明石さんは打ち合わせの時も、「この真実を、多くの人たちに伝えたい」と熱く語られていました。「アベノミクスは効果を上げているというし、民主党政権時代よりはマシだろう」と思っている人たちの思い込みを打ち砕く貴重な一冊になりましたので、ぜひご一読ください!