ぼくがアメリカ人をやめたワケ | 集英社インターナショナル 公式サイト

ぼくがアメリカ人をやめたワケ

ロジャー・パルバース・著/大沢章子・訳

¥1,800(本体)+税   
発売日:2020年11月26日

青年は「世界最高にして最強の国アメリカ」をなぜ捨てたのか?

最も豊かだった時代のアメリカに育ち、ソ連、東欧を経て、日本に辿りつき、ついには国籍を捨てオーストラリア人になった作家の回顧録。
・ホロコーストから逃げ延びたユダヤ人を祖先にもつ家族のルーツ
・ケネディ時代からトランプに至るアメリカの真実
・ベトナム戦争の反省をいまだにしないアメリカ人
・トランプのような指導者は常にアメリカには存在してきた
・60年代から現在まで50年にわたる日本と日本人
・70年代から現代にいたるオーストラリアとオーストラリア人
などをテーマに宮沢賢治、石川啄木への熱い想い、井上ひさし、アンジェイ・ワイダ、大島渚、坂本龍一たちとのエピソードを交え、ドラマチックな世界が語られる。


商品情報

書名(カナ)ボクガアメリカジンヲヤメタワケ
判型四六判
ページ数320ページ
ジャンルノンフィクション
ISBN978-4-7976-7393-7
Cコード0095

著者略歴

ロジャー・パルバース (Roger Pulvers)

作家、翻訳家、演出家、映画監督。東京工業大学名誉教授。1944年、ニューヨーク生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)を卒業後、65年ハーバード大学大学院に入学、ロシア地域研究所で修士号を取得。67年に初来日。76年オーストラリア国籍取得。映画『STAR SAND―星砂物語―』(2017)では監督を務める。『もし、日本という国がなかったら』(集英社インターナショナル)、『驚くべき日本語』(集英社文庫)など著書多数。

大沢章子(おおさわ・あきこ)

翻訳家。兵庫県出身。大阪大学人間科学部卒業。訳書に、ロバート・M・サポルスキー『サルなりに思い出す事など―神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々』(みすず書房)、ネイトー・トンプソン『文化戦争―やわらかいプロパガンダがあなたを支配する』(春秋社)などがある。

表紙画像・リリースのダウンロード

表紙画像の使用については 〈こちら〉 をご確認ください。