『ローリング・ストーンズを聴け!』見本が届きました!

『ローリング・ストーンズを聴け!』の待ちに待った見本が届きました。
やはり、出来たばかりのピッカピカの本はいいですね(古本も味がありますが)。

stones2

発売は1週間後の7月20日(金)です。

今回のカバー写真は、イギリスの著名な写真家ジェレド・マンコヴィッツ氏が1966年の冬に撮影したものです。

これは、ローリング・ストーンズが67年1月に発売した『ビトゥイーン・ザ・バトンズ』というアルバムのジャケットに使われている写真の別カットです。

ロンドンのハイドパークで撮影された貴重な写真ですが、この写真を撮影したとき、マンコヴィッツ氏はなんとわずか20歳。

ストーンズのメンバーもこの時点でほぼ全員23〜24歳くらいですが、昔の人はホントに早熟ですね。40歳の私はいったい何をやっているんでしょう?
トホホという感じです。

この写真は時折、写真集や写真展などで見ることができますが、現在写真エージェンシーでは扱っていないので、直接マンコヴィッツ氏から使用許可をいただき掲載しました。
おかげで、「かなりクールな音楽本」という感じの装丁に仕上がったと思います。

ぜひ、みなさん発売日には書店で手にとって、この写真のすばらしさも感じてほしいですicon_razz.gif

担当NBO