読売新聞「2009年の3冊」に選ばれました!

2009年12月27日の読売新聞・書評面「読書委員が選ぶ『2009年の3冊』」で、弊社の『ローマで語る』(塩野七生&アントニオ・シモーネ)が選定されました(西洋史家・東京大学教授 本村凌二氏)。

12月に出した本が09年のベストに選ばれるとは幸運です!

ちょっと遅れたクリスマス・プレゼントかもです。