おくらが深い! ―『くらもち花伝』番外編3

くらもちふさこさん初の自伝&秘伝の書『くらもち花伝 メガネさんのひとりごと』好評発売中!
番外編につづき、本書に掲載できなかったコンテンツを紹介します。
くらもち花伝HP
*     *     *
『ふつーですよ&サンシャイン水族館』
『千花ちゃんちはふつう』のラストシーンは、まったく普通ではない千花ちゃん一家が集合して記念写真を撮影し、カイが「ふつーですよ」と言って終わる。次の長編『海の天辺』も、最初に4巻分の表紙イラスト(サンシャイン水族館)を描きおろし、分割して使用するというアクロバティックな装丁で、4巻目のラストに、河野がカバードンピシャの構図でプロポーズする。
まるで最初からすべて「想定通り」と言わんばかりの見事な展開ですが、実は、最初からエンディングを決めていた訳ではなく、物語の終わりが近づいて来ると「アレ、使えるか?」と思いはじめるんだそう。くらもち先生曰く「神様が最後働きはじめるんです」とのこと。
『線路を渡る、薬を受け取る』
くらもち先生にとって描くことは「記憶の保存」でもあるそうで、作中のエピソードには先生ご自身の印象的な体験がちりばめられています。
例えば『天然コケッコー』ではそよたちが丘を越え、線路を越えて海に向かうシーン、大沢が町まで母親のぜんそくの薬をもらいに行くシーン、それぞれがくらもち先生ご自身のちいさな思い出なんですって。
『君を好きになりました』
『駅から5分』で、雛に片思いする櫻井が意を決して告白する「episode17」は、雑誌掲載時と単行本で大幅に構成と構図が変更されています。くらもち先生曰く「雑誌になってから読んだら、インパクトに欠ける?と思い……その時浮かんだのが修正後の構図です。全体的に雛の冷たさが増しています。単行本になる際に大きく変えるのは、ホントは掟破りなのですが……描いている時はまったく気づかず、本になると見えてくることがあるのです……」とのこと。
こうした修正以外にも、文庫版でさりげなくエピソードが加えられている『天然コケッコー』や、コミックスと文庫で収録順が異なる『α』『+α』など、くらもち作品ではバージョンごとに宝探し気分で違いを楽しむという遊びも可能です。
『プッパプッパパッ…』(吹奏楽部が演奏する音)
『駅から5分』のepisode18(3巻最終話)では、それまでのepisodeで登場した人々の声や音(+ちょっとした謎解き)が、ひとつのシーンの中にさまざまな書体で登場します。これ実は『花に染む』の巻末に収録されている方の「駅から5分 Last episode」で使おうと思っていたアイデアでもあったそう。
Last episodeを描く際に「アッ!(使ってしまった)」と思ったくらもち先生は、新たな表現でキャラクターたちが交錯するエンディングを編み出しています。
(文=花田身知子)

おくらが深い! ―『くらもち花伝』番外編2

漫画家・くらもちふさこさん初の自伝&秘伝の書『くらもち花伝 メガネさんのひとりごと』好評発売中です!
前回につづき、『くらもち花伝』番外編、どうぞお楽しみください。
くらもち花伝HP
*     *     *
『麻子はシチューが得意ですのお母さん』
『いつもポケットにショパン』で、麻子の母・愛子は、ピアノの公開レッスンで「キャベツのせんぎりをおもいだして」と女の子に指導します。彼女の母親は、包丁を使って指にけがをしたら……と言いますが、愛子は「皆とわかりあうためには皆と同じ生活が必要です」と説きます。
そこで登場するのが 「麻子はシチューが得意です」 という名言。今まで甘やかされなかったのは、母の娘に対する愛情だと気づき、麻子は母親に対するわだかまりが急速に溶けていきます。
ちなみにこの「シチューが得意です」と説明する時のお母様の極上の笑顔は、くらもち先生曰く「むしろ、よそゆきの顔」というイメージだそう。愛子はそれまでわざと麻子に冷たく当たっていたわけではなく、家族だから遠慮がないだけ。麻子のお母さんだけあって、ちょっと不器用なところもあるのだとか。麻子自身も、近しい関係の相手にこそ喜怒哀楽の感情を素直にぶつけています。ホントの親子って、そんなもんですよね。
『代官山の街並みとピアノ』
『いつもポケットにショパン』で、麻子と季晋がピアノ教室に通う情景は、くらもち先生が小学2年生で駒込に移る前の社宅のアパートがあった代官山付近の街並み。先生が住んでいたアパートの裏手は、電電公社があったことをよく覚えているそう。麻子のように、くらもち先生自身も幼い頃はお母さまに連れられ、銀座までピアノを習いに行っていたそう。
ちなみにピアノは、高校3年生で大学受験が忙しくなるまで続けていたという。ピアノが大好きだったことがうかがわれます。
『洋式トイレとセルロイドのドア』
本書にも記載されている通り、小さい頃からトイレで思いを巡らせるクセがあったというくらもち先生。当時の想像が元になって、短編『セルロイドのドア』が誕生します。
この「トイレで色々考えるクセ」は、小学2年生で引っ越した駒込のアパートで出会う「洋式トイレ」がきっかけ。当時、洋式トイレは非常にめずらしい存在だったそうで、最初はどう使うのか戸惑ったという(当時8歳)。でも慣れるとヒジョーにラクちん。その自由さから、想像が広がり、まんがの糧になっていったのだとすると……設計者の方に感謝しなければなりませんね。
(文=花田身知子)
・おくらが深い! ―『くらもち花伝』番外編1

おくらが深い! ―『くらもち花伝』番外編1

漫画家・くらもちふさこさん初の自伝&秘伝の書『くらもち花伝 メガネさんのひとりごと』好評発売中です!
公式Twitter(@kuramochikaden)でもご紹介していますが、当ブログでも、本書に掲載できなかったコンテンツを掲載していきたいと思います。
『くらもち花伝』番外編、どうぞお楽しみください。
くらもち花伝HP
*     *     *
『受験前にも通った錦友館』
1972年、高校2年生でデビューを果たし、『ガラスの仮面』の作者である美内すずえ先生のアシスタントもつとめたくらもち先生。高校卒業後はそのまままんが家になるつもりでしたが、ご両親から「大学受験だけでも受けてほしい」と説得され、高校3年の夏休みごろから美大受験のためにデッサン系の塾通いもはじめます。それでも編集部への持ち込みとアシスタント作業は継続していたんだそう。
当時の「別冊マーガレット」編集部では、投稿者やデビューしたてのまんが家たちが、放課後制服のまま原稿を持ち込むのが「日常茶飯事」。だからもちろん、投稿者同士も顔見知り。気の合う仲間同士でおやつをいただいたり、おしゃべりすることもあったとか。
さらに、編集部から歩いてすぐの場所には、名だたる巨匠がその宿帳に名を連ねた伝説のカンヅメ旅館「錦友館」が……。中でも美内先生は「錦友館」の常連中の常連でした。くらもち先生は、学校から制服のまま錦友館へ直行し、美内先生の原稿をお手伝いしていたと言います。ちなみに挨拶は「ただいま」だったそう。
それでも美大に現役合格され、高校3年生の夏には読み切り作品が本誌に掲載されています。授業、塾、アシスタントに自分の原稿……なかなかハードな高校3年生ライフです。
『アトムとマーブルチョコレート』
くらもち先生小学1年生の冬、1963年の1月から『鉄腕アトム』のテレビ放送が始まります。それと同時に、番組をスポンサードした明治製菓は、鉄腕アトムのイラストがあしらわれたマーブルチョコレートを発売。番組の人気とともに、マーブルチョコレートも爆発的ヒットを飛ばします。
テレビっ子だったくらもち先生もアニメ『鉄腕アトム』に心を打たれ、その影響から「まんが雑誌」を定期購読するようになるのですが……。もちろんこの「マーブルチョコのシール」にも夢中になり、タンスに貼り付けて遊んでいたそう。さらにくらもち家には、このシール付きのタンスがいまだに保存されているのだとか。
コーラス1996年12月号に掲載された短編『パラパラ』では、子どもたちが東京タワーの模型を組み立て、夢の超特急・新幹線に心をときめかせながら、テレビのある生活にあこがれる様子が描かれています。なんだか当時のくらもち先生のような面影の女の子も登場しますよ。

(文=花田身知子)

・おくらが深い! ―『くらもち花伝』番外編2

Twitterをフォロー&RTで『くらもち花伝』サイン本をプレゼント!

『くらもち花伝』公式Twitterをフォロー&RTで、『くらもち花伝』サイン本を3名様にプレゼントいたします。
発売日
【応募期間】
2019年3月12日(火)〜3月29日(金) 23時59分まで
【応募対象】
Twitterアカウントをお持ちの方で、日本在住の方。
【応募方法】
①『くらもち花伝』公式Twitter(@kuramochikaden)をフォローのうえ、
②下記URLの投稿をリツイートして応募完了です。
当選者の方へは、4月10日頃にDMにてご連絡いたします。
Twitter応募先URL 
※当選者は3名様となります
【ご注意事項】
◆ 応募者多数の場合は抽選により当選者を決定します。 発表は、当選者へのDM(ダイレクトメッセージ)をもって替えさせていただきます。
◆ ご応募はお一人様各1回限りとさせていただきます。2回目以降の応募は無効とさせていただきます。
◆ 応募条件に満たない場合には無効となります。
◆ 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
◆ 当選の権利および賞品を譲渡・換金することはできません。
◆ 本キャンペーンは、(株)集英社インターナショナルが行っております。Twitterはこのキャンペーンの後援、支持、運営を一切行っておらず、一切関係がありません。また、本キャンペーンへの参加および賞品に、Twitterは一切関与しておりません。応募者はこのことに同意したものとみなされます。
◆ キャンペーンへの応募方法や注意点が本応募規約の一部に含まれています。キャンペーンへの申し込みをもって、この応募規約を承諾したものとみなされます。
◆ 当選者ならびにキャンペーンに関する問い合わせには一切応じかねます。
◆ 当選の通知をお送りした後、指定の期日までに必要な情報の入力が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
◆ お知らせいただいた個人情報につきましては、当選のご連絡、発送およびこれに関わる業務のために利用します。

パーゴルフの人気連載『教えて!100切り先生』が単行本になりました!

教えて!100切り先生_帯
『教えて! 100切り先生』

ヘボなアマチュアゴルファーの味方、木村和久さんの軽妙な文章と、人気ゴルフ漫画『風の大地』のかざま鋭二先生の楽しい漫画がタッグを組んだ連載から、珠玉の48コラムが1冊の本になりました!
アマチュアゴルファーにとっては、「100を切る」というのは、永遠のテーマです。
私事ではございますが、担当編集者の私はまさに、この本の読者ターゲットそのものです。ゴルフを始めたのは、50代になってから。始めてからすでに5年以上たつのに、スコアは今も110~120の間を行ったり来たり。「100切り」の壁は厚く、いまだに過去2回経験したのみです。
本書はまさに、そんな私のために刊行されたのか、と錯覚を起こすくらいドンピシャな本です。
本書で著者木村さんが一貫して主題としているのは、「汝自身を知れ」という格言そのものです。すなわち、自分の実力を知って、道具を知って、コースを知れば、「100切り」危うからず。読めば、もう「100切り達成」したような錯覚を起こします。
「すべて大きめに打つ」「乗る前提で考えるな」「2パット前提で考えるな」……など、私も、本書の内容を反芻しながら、プレーにいそしんでおります。気のせいか、「常に100切り」できるようになる日も近いと信じております。
本書刊行を記念して、木村和久さんとかざま鋭二先生は、沖縄のカヌチャリゾートで「100切り先生」を実践されました。その模様は、3月5日発売の「週刊パーゴルフ」に掲載されています。
また、7日(木)のウェブスポルティーバの連載コラム『木村和久の「お気楽ゴルフ」』にも関連記事が載ります。こちらもぜひ、ご覧ください。
お二人のコメント動画も以下のリンクからご覧いただけます。

担当TKD

「kotoba(コトバ)」2019年春号は「日本人と英語」特集です。

今回のkotobaの特集テーマは、ずばり、「日本人と英語の関係」です。
kotoba cover
戦後に教育を受けた日本人のほとんどは、好き嫌いにかかわらず学校で英語を学んできました。21世紀になり、グローバリズムの波をまともに受ける私たちは、改革が繰り返される英語教育政策や、アグレッシブさを増す英語ビジネスに翻弄されつつあります。
こうした現状を踏まえ、私たちは一歩立ち止まり、日本における「英語受容の歴史」「英語との付き合い方」「英語の未来」について考えてみるべきだと考えました。
編集作業を続けていくなかで驚くべき事実にいくつか遭遇しました。
「明治維新前後に、英語を日本の国語にしようとする動きがあった」
「統計データによると、他国と比べて特別に日本人が英語が不得意というわけではない」
「英語の語彙に入った日本語は、ロシア語やアラビア語より多い」
など、目から鱗が落ちる話が続出し、日本における英語の存在の大きさに改めて気づかされると同時に、日本の行く末が少し心配になってきました(詳しくは本誌をお読みください)。
個人的に興味深かったのは、「英語などの外国語に頼らず、大学まで母語で高度な教育が行える国は、実はそれほど多くない」という事実です。
今、日本は、これまで日本語で行ってきた様々なことを英語で代用しようとしています。そこには、翻訳や通訳というエキスパートを通して、英語を日本の社会に柔軟に取り入れ、日本語を豊かにしてきた歴史を振り返る姿勢は希薄です。
今回本誌に登場していただいた、マーク・ピーターセン、ピーター・バラカン、鳥飼玖美子、斎藤兆史、金原瑞人を始めとする各氏は、日本語・日本人と英語の関係について、深い知見と洞察を提示してくれます。読み終えたとき、きっと「日本人と英語」のあるべき未来図が見えてくるはずです。
また、本号から、サイエンスライターの吉成真由美さんによる新連載「知の巨人たち」が始まります。世界の第一線で活躍する歴史学者、政治学者などにロング・インタビューを敢行するこの連載の第一回目に登場するのは、イェール大学の歴史学教授、ティモシー・スナイダー氏です。ホロコースト、ファシズムについての鋭い洞察に満ちた見解には思わず引き込まれます。ぜひご一読ください。
集英社クオータリー「kotoba(コトバ)」2019年春号は3月6日(水)発売です。ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。
kotoba編集長
佐藤信夫

『女の機嫌の直し方』ドラマ化&映画化のお知らせ!!

インターナショナル新書『女の機嫌の直し方』(黒川伊保子・著)のドラマ化&映画化が決定しました!
ドラマは、
3月16日(土)~3月30日(土)
毎週土曜日 深夜24時55分~25時25分
日本テレビで放送(全3回)
公式サイト
映画は 2019年初夏 全国公開予定 です!
公式サイト
【インターナショナル新書『女の機嫌の直し方』って?】
たとえば地震が起きたときに、愛するものに危険が迫らないように周囲に目を配るのが男性脳なら、愛するものから目を離さないのが女性脳。
別々の役割を担い協力しあう男女ですが、その脳の性質の違いゆえに、些細なことが原因で言い争いになってしまいます。
本書では人工知能研究でわかってきた男女脳の性質の違いについて論じ、恋人(彼女)の問いかけにどう返したらよいか、あるいは、ここぞというときにどのような言葉をかけてあげたらよいのか、具体的なアドバイスを提示しています。
【ドラマの舞台は結婚式!】
ドラマ&映画では、結婚式で起こるさまざまな男女間のトラブルを元ももいろクローバーZの早見あかりさん演じる人工知能研究者が解決していくそうです!
熱血ウェディングプランナー役に平岡祐太さん、
新婦役に元SKE48の松井玲奈さん、
新郎役に佐伯大地さんなど豪華出演陣!
果たして結婚式を無事に終えることができるのでしょうか、、、?
劇中で用いられる理論やノウハウは、
インターナショナル新書『女の機嫌の直し方』に載っていますので、予習をしておくとより楽しめるかもしれませんね‼️
どうぞお楽しみに!
★好評発売中★
008女の機嫌の直し方_帯