本日発売! 『スーパーカブは、なぜ売れる』

昨日、本ブログでご紹介した新刊『スーパーカブは、なぜ売れる』が発売になりました。

メインカット

本書の発売を記念して、本書からエピソードをひとつ紹介しましょう。

スーパーカブは、当初から海外展開することを念頭において開発が進められた商品でした。ホンダは日本での大成功を経て、アメリカを最初の開拓地に選びます。

日本と異なり、四輪自動車のモータリゼーションが進んでいたこともあり、当初は販売に苦労します。そこでホンダが採った作戦は、「Nicest People」と呼ばれる大々的な広告キャンペーンでした。『LIFE』誌をはじめとする高級グラフ誌などに、大量の広告を投入したのです。当時、1回7万ドルとも言われた広告料を考えると、そのキャンペーン規模は数億円にも達したとされます。日本でスーパーカブが大ヒットしていたとはいえ、当時のホンダの資本金が90億円だったことを考えると、巨額のキャンペーンだったことがわかります。

サブ
1963年当時のNicest People キャンペーンポスター

そして、広告攻勢はそれだけに終わりませんでした。なんと、アカデミー賞授賞式のテレビ放送にスポンサーとして参加したのです。アメリカでは初めてとなる、外国資本企業のスポンサー参加でした。これも億単位の金額が投入されたとされています。

こうした巨額のキャンペーンに加え、1964年にザ・ビーチ・ボーイズが『Little Honda』と題する曲を発表します。曲のなかで「Honda」を連呼するこの曲は、直後に「ホンデルズ」によってカバーされて、ビルボード・チャートで4位に食い込む超大ヒットになるのです。

これらの広告や曲のヒットは、アメリカに社会現象を起こしました。キャンペーン前に比較して36倍(!)という販売台数を記録。雑誌では「ホンダに恋したアメリカ」と題する記事が書かれ、来日した大統領に「ホンダはアメリカ人の生活をすっかり変えてしまった」と言わしめたのです。

こうしてアメリカ二輪市場を開拓したスーパーカブは、後にホンダのアメリカにおけるさらなる大成功の橋頭堡となったのです。

本書では、ホンダ・スーパーカブの世界進出の経緯と、その成功と失敗、現在の状況を現地で子細に取材しまとめています。なぜ現在へと続くベストセラーとなり得たのか、ビジネスの仕組みに興味がある方ならきっと楽しんでいただける一冊になっています。ぜひ書店にて手にとってください。

担当O

元祖クールジャパンが築きあげた、世界規模のビジネスメソッドとは!?

明日、12月14日に新刊『スーパーカブは、なぜ売れる』が発売になります。

カブ_blog
みなさんは、スーパーカブと聞いて何をイメージしますか?

きっと多くの方は飲食店の出前や郵便や新聞の配達などのシーンを思い浮かべることでしょう。もしかすると、ちょっとダサイバイクでしょ? なんていう印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、スーパーカブは、実は日本発、世界的ロングセラーの大ヒット商品です。1958年の発売以来、そのシルエットや構造といった大きな変更をすることなしに、今年で60周年を迎えている奇跡の小型オートバイなのです。

「乗って楽しく、安く、燃費よく、壊れない」という不朽の価値が世界各地の大衆に受け入れられ、人びとの暮らしに浸透した結果、その累計生産台数は全世界で1億台を突破したというから驚きます。しかも、それは今現在も続いているばかりか、ホンダにとって現役の主役級世界戦略車なのです。

そんなスーパーカブですが、世界中に浸透するまでの道のりは実に険しいものでした。文化や地勢はもちろん、政状も、経済も異なります。アメリカではすでに四輪のモータリゼーションが浸透しており、ヨーロッパでは異なる燃料(2ストローク用の混合燃料)が入れられてしまいました。ベトナムでは戦火の最中で販売され、タイでは部品の現地調達に苦労し、インドネシアでは庶民に購買力がなく、ブラジルでは高い関税と経済不安に悩まされました。

そうした状況を、スーパーカブとホンダマンたちは、いかにして打破してきたのか?

本書では、スーパーカブがどのようなコンセプトで開発され、いかなるビジネスモデルで各国に浸透してきたのかを取材し、その全貌を明らかにするとともに、すでに2億台を視野に入れているホンダの、今後の展望を考察しています。

著者は、モビリティビジネスやモーターレーシングに精通し、ホンダや創業者である本田宗一郎氏にも詳しい中部博氏。

世界のモータリゼーションに影響を与えた、まさに元祖クールジャパンの秘密を解き明かすビジネス・ノンフィクションです。ホンダファン、カブファンはもちろんのこと、超ロングセラービジネスに興味がある方なら必見!ぜひ書店でお手に取ってご覧ください。

担当O

サステナブルな社会、その暮らしと世界観。『縄文探検隊の記録』、本日発売!

インターナショナル新書『縄文探検隊の記録』が発売になりました。

本書は、1万年も続いた縄文人の暮らしと世界観を探った対談形式の読み物です(専門家をゲストに呼んでいる章もあります)。

032縄文探検隊の記録_帯

著者は、日本の神々のルーツを縄文に求める作家の夢枕獏さんと、縄文は真のユートピアだったと断言する考古学者の岡村道雄さんです。

今年は、トーハクの縄文展に30万人もの人が訪れ、縄文は多くのメディアで取り上げられました。

縄文人に対する私たちのイメージも、原始的なものから、より高度な知識をもったものへと、変化したのではないでしょうか。

本書を読めば、縄文のイメージがさらに広がります。

そのいくつかを披露しましょう。

●私たちが冬によく食べる鍋料理のルーツは縄文!
鍋だと栄養を無駄なく摂取できます。

●竪穴住居は、普通の再現遺跡では茅ぶきだが、九州以北の竪穴住居は土屋根
これだと、夏涼しくて、冬暖かい。

●縄文の漆は、大陸の漆文化より高度な技術をもっている
今の日本の漆芸の源流は縄文にあります。

●天然のアスファルトは、やじりなどを固定する接着剤として利用していた

●空海は、縄文的な精神性を肯定する新しいロジックを、情報先進国の唐から持ち込もうとした

いかがでしょう。
縄文のイメージがさらに広がりませんか?

51p縄文788
福島市宮畑遺跡に復元された土屋根の竪穴住居。 夢枕さん(右)に説明する岡村氏。

夢枕獏・岡村道雄=著、かくまつとむ=構成『縄文探検隊の記録』、ぜひ書店で手にとってご覧ください。

担当:ま

頭痛に腰痛、白血病からがんまで。「手遅れ」になる前に知っておきたい病院&医師選びのポイントとは?

テレビでもお馴染みの医師、池谷敏郎氏(総合内科専門医)の新刊『その診断を疑え!』(インターナショナル新書)が、12月7日発売になります。

031その診断を疑え!_帯

この本の企画は、約2年前「豆乳オリーブオイル」の効用について取材にうかがった時に偶然生まれました。池谷先生の何気ない言葉、「つらい症状はあるのに医師の診断結果は異状なし、と言われて次々と病院をさまよう『病院難民』が増えてるんだよね」。
うん? 『病院難民!』それって私のことかも。とたんにこの言葉に引き寄せられました。
半年前に、自分で心臓だと思っている場所が苦しい、そんな症状で大病院を訪ねた私にくだされた診断は、「今は異状なしだがまた同じ症状が出たら、このニトログリセリンを服用して下さい」というものでした。ニトロって! あの! ダイナマイトの? と絶句。

のちに、別の病院でも診察を受けてみましたが、原因はわからず。その体験を池谷先生に話すと、「それは、もしかして、逆流性食道炎かもしれませんね」とのこと
そこから、話は池谷医院を訪ねてきた多数の『病院難民』患者のことで盛り上がりました。

人間、歳を重ねれば、体調が悪いことも増えてきます。
足が異様に冷たい、胃がもたれる、腰が痛い、足や顔がむくむ、心臓がドキドキする、等つらい症状は、数え上げたらきりがないほど。
病院はたくさんあるのに、どこに行ったらいいかわからない。やっと訪ねた病院の医師は、パソコンの画面ばかりを見ていて、脈をとってさえくれない。もうイヤだ、面倒だからと症状を我慢してしまう、そんな悲しい「病院難民」の実際例を聞いているうちに、これは何とかしなければ、悩める人々を少しでも救えれば、と新書の執筆をお願いしました。

本書では、実際の患者のケースから、いい医師、ダメな医師の見分け方、あふれる情報に惑わされない医療機関の選び方、医師に症状を正確に伝えるコツ、セカンドオピニオンを受けるときの注意点など、池谷医師の豊富な経験に基づいた、医師や病院と上手につきあっていくための処方箋が満載!
読むだけでも気分が晴れると、編集部でも評判です。

『声を磨けば、人生が変わる』出版記念パーティ!

11月26日に発売になりました新刊『声を磨けば、人生が変わる 〜自分に自信が持てる!ボイトレ〜』の出版記念パーティが、東京・代官山のフレンチレストランで行われました。

party01

出版各社や、化粧品会社の広報の皆さん等、100人以上の方が駆けつけて下さいました。

party03
AISHAさん(左)、ミニー・Pさん(中央)と生徒さん

会は著者のミニー・Pさんのボイトレミニレッスン、プロの歌手のAISHAさんのライブステージ、著者主催のボイトレ教室の生徒さんによるコーラス、と楽しい構成に。

アナウンサーの古舘伊知郎さん(俳優としてドラマ「下町ロケット」に出演中ですね)も参加してくださり、パーティは盛り上がりをみせました。

party02
古館さんとミニー・Pさん

会場には漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんもいらして、早速ブログでご紹介くださいました。ありがとうございます!

Amazonでは発売早々に品切れになってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

ぜひお近くの書店や各ネット書店でお買い求めください。

担当S

★好評発売中!
ボイトレ