‘荒木飛呂彦’ タグのついている投稿

「kotoba(コトバ)」2019年冬号は孤独特集です。

2018年11月27日

「孤独な者よ、君が歩むのは、創造者の道だ」

これは、ドイツの哲学者ニーチェが『ツァラトゥストラ』に記した名言ですが、古くは、ギリシャ/ローマの哲学者から、現代の作家たちまで、様々な分野の人たちが「孤独」について数え切れないほど多くの言葉を残してきました。

人は、ときには、ひとりを恐れず、孤独に向き合う必要があるのかもしれません。

今回のkotobaの特集では「孤独」に様々な面からせまってみました。

kotoba cover B

ブッダ、アルベール・カミュ、エドガー・アラン・ポー、サン=テグジュペリ、ニーチェ、永井荷風など、古今東西の思想家、作家たちが、孤独とどう向き合い、独自の思索世界を展開してきたのか? 

また、独自の孤独論を展開する、下重暁子齋藤孝岸惠子、田中慎弥を始めとする、作家各氏にも、孤独との付き合い方について自身の考えを忌憚なく語っていただきました。

加えて、孤独をテーマにマンガを書き続けてきたつげ義春先生の1967年の名作『海辺の叙景』も掲載します。発表されてから50年経過した作品ですが、孤独な登場人物たちの醸し出す人情の機微は、じわじわと胸の深いところにしみ入っていきます。

編集し終えて思うのは、生活の中で、わずかでもいいから「孤独の時間」を作ってみる必要性です。孤独になることは怖いことかもしれません。しかし、孤独にならなければ得ることのできない力、そして自由というものがあるはず――そんなことを考えさせられました。

また、本号から、ノンフィクションライターの柳橋閑さんによる新連載「水を運ぶ人~スタジオジブリ証言録~」が始まります。宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫の各氏について、これまでジブリに関わってきた個性的なバイプレーヤーたちが「証言」をしていきます。第一回目は、スタジオジブリ代表取締役社長の中島清文氏が登場。創作集団としてではなく、会社としてしてのジブリの内幕が語られ、とても興味深い内容になっています。すぐに次回が読みたくなります!

集英社クオータリー「kotoba(コトバ)」2019年号は12月6日(木)発売です。

ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。

「kotoba」編集長 佐藤信夫

「kotoba コトバ」ブレードランナー特集号、発売のお知らせ

2018年2月21日

来たる3月6日(火)、集英社クオータリー「kotoba(コトバ)」2018年春号が発売されます。


kotoba No 31 文字のみ

今号の巻頭特集は、「ブレードランナー2019-2049」です。

1982年に公開され、カルト的な人気を得た「ブレードランナー」と、その続編として昨年公開された「ブレードランナー2049」、その間を繋ぐ3つの短編映画。さらにフィリップ・K・ディックの原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』をテーマに、これらの作品の根底にある問い、「人間とは何か?」について、様々な角度から迫りました。


思想家の内田樹、アニメーション監督の渡辺信一郎、漫画家の荒木飛呂彦、人工知能学者の松原仁、政治学者の藤原帰一……。「ブレードランナー」に深く関わり、また愛してきた面々が、それぞれ専門分野の視点から、この伝説的な映画の核心について熱く語ってくれました。

圧巻は、前作と「2049」の双方の脚本を担当したハンプトン・ファンチャーの単独インタビューです。今まで「ブレードランナー」について議論され、あるいは伝説として語られてきた数々の疑問に答えてくれました。これは、「ブレードランナー」の歴史に新たなページを付け加えたインタビューと言っても過言ではありません。
 
皆さんは、「デッカードはレプリカントでしょうか」などという無粋な質問に、ファンチャーが何と答えたと思いますか? 当意即妙の受け答えは、どうか「kotoba」でお読みください。


また、フィリップ・K・ディックの短編小説で文庫本未収録の「彼女が望んだ世界」も大森望の新訳でお届けします。

「ブレードランナー」と「ブレードランナー2049」にご興味ある方には、間違いなく永久保存版となる「kotoba」春号。ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。


「kotoba」編集長 田中伊織