集英社インターナショナル

ブログ開設のご挨拶

「本を作る」ということは、今も昔も手作りであることには変わりません。熱い著者がいて、情熱のある編集者がいて、そして本を愛してやまない読者がいて、はじめて出版は成り立ちます。つまりはどこまでも「個人」の営みが、出版というものでありましょう。
そんなわけで、このブログはいちおう「公式」ブログなどと立派な名前がついておりますが、それぞれの著者や編集者からの「ナマの声」をお伝えするメディアになればいいな、と思っております。どうぞみなさまご声援のほどを。