町山智浩さんの絶好調連載コラム「なぜ『フォレスト・ガンプ』は怖いのか」 第12回アップしました!

2012年12月26日

お待たせしました!

町山智浩さんの絶好調連載コラム
「なぜ『フォレスト・ガンプ』は怖いのか 〜映画に隠されたアメリカの真実〜」 第12回、本日アップしました。

町山さんから届いたばかりの新原稿で取り上げられたのは、往年のサイレント大作『國民の創生』

そのむかし、日本の有名な映画評論家たちがこぞって絶賛した「名作中の名作」ですね。

この話題作を、町山さんは今回と次回の2回にわけて論じる力の入れよう。
それもそのはず、この映画の本質を一刀両断する必要があるからなのですねえ。

本当にこれは素晴らしい作品なのか?

1915年の作品で、既にパブリックドメインなので、YouTubeで全編を見ることができますから、担当は町山さんの原稿をそばに置きながら、PCの前に座ること3時間、じっくりと鑑賞しました。

えっ、何が問題なのか?
あ、な~るほどなあ。 本当に超問題作ですよ、これは。
→『The Birth of A Nation (1915)』: http://youtu.be/YjnA0xWalQQ

ちなみに日本語字幕入りのDVDも最近まで出回っていましたから入手は比較的簡単でしょう。

では、次回「後編」をお楽しみに!

担当HRT


bannerT_machiyama1

*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ