頭痛に腰痛、白血病からがんまで。「手遅れ」になる前に知っておきたい病院&医師選びのポイントとは?

2018年12月5日

テレビでもお馴染みの医師、池谷敏郎氏(総合内科専門医)の新刊『その診断を疑え!』(インターナショナル新書)が、12月7日発売になります。

031その診断を疑え!_帯

この本の企画は、約2年前「豆乳オリーブオイル」の効用について取材にうかがった時に偶然生まれました。池谷先生の何気ない言葉、「つらい症状はあるのに医師の診断結果は異状なし、と言われて次々と病院をさまよう『病院難民』が増えてるんだよね」。
うん? 『病院難民!』それって私のことかも。とたんにこの言葉に引き寄せられました。
半年前に、自分で心臓だと思っている場所が苦しい、そんな症状で大病院を訪ねた私にくだされた診断は、「今は異状なしだがまた同じ症状が出たら、このニトログリセリンを服用して下さい」というものでした。ニトロって! あの! ダイナマイトの? と絶句。

のちに、別の病院でも診察を受けてみましたが、原因はわからず。その体験を池谷先生に話すと、「それは、もしかして、逆流性食道炎かもしれませんね」とのこと
そこから、話は池谷医院を訪ねてきた多数の『病院難民』患者のことで盛り上がりました。

人間、歳を重ねれば、体調が悪いことも増えてきます。
足が異様に冷たい、胃がもたれる、腰が痛い、足や顔がむくむ、心臓がドキドキする、等つらい症状は、数え上げたらきりがないほど。
病院はたくさんあるのに、どこに行ったらいいかわからない。やっと訪ねた病院の医師は、パソコンの画面ばかりを見ていて、脈をとってさえくれない。もうイヤだ、面倒だからと症状を我慢してしまう、そんな悲しい「病院難民」の実際例を聞いているうちに、これは何とかしなければ、悩める人々を少しでも救えれば、と新書の執筆をお願いしました。

本書では、実際の患者のケースから、いい医師、ダメな医師の見分け方、あふれる情報に惑わされない医療機関の選び方、医師に症状を正確に伝えるコツ、セカンドオピニオンを受けるときの注意点など、池谷医師の豊富な経験に基づいた、医師や病院と上手につきあっていくための処方箋が満載!
読むだけでも気分が晴れると、編集部でも評判です。

タグ: , , , , , , , , , , ,

*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ