『ショコラ』概要紹介③

2017年1月18日

『ショコラ 歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』概要、前回からのつづきです。


●不思議な運命と、白人の「差別」によって翻弄されたラファエルの人生③

フティットとショコラの珍しいコンビ写真(©CIRCOPEDIA)

フティットとショコラの珍しいコンビ写真(©CIRCOPEDIA)


天才道化師フティットとのコンビで人気と名声が決定的になったラファエルは、やがて、マリーという白人の既婚女性と恋に落ちます。

そして、マリーはふたりの子供を連れて夫のもとを去り、ラファエルと四人で生活する選択をします。

まだ黒人への差別意識があからさまだった時代、このマリーの勇気と決断は、人生を賭けてラファエルを愛するという強い意志があったからでしょう。

輝かしいスターの座と愛する女性との家庭。
初めて「人間」として最大のふたつの「幸せ」をつかんだと思ったラファエルでしたが、それは長続きしませんでした。

パリのモンマルトルやアメリカで生まれた新しい文化の波が一気に押し寄せ、人々の関心は新しい趣向のエンターテイメントに移ったため、フティットとラファエルのコンビの人気にかげりが見え始めたのです…。(次回につづく)

担当IKM



★本書が原案の映画『ショコラ 君がいて、僕がいる』、
いよいよ1月21日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!


『ショコラ 君がいて、僕がいる』
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ
監督:ロジェディ・ゼム
(配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES)


*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ