『ショコラ』概要紹介②

2017年1月16日

好評発売中の『ショコラ 歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』概要について、ラファエルがパリでスターになった前回からつづきます…。


●不思議な運命と、白人の「差別」によって翻弄されたラファエルの人生②

ふたりが演じる様子を撮影した当時の写真(©BNF)

ふたりが演じる様子を撮影した当時の写真(©BNF)


初めて主役に抜擢されて演じたプログラムが見事な成功を収め、一夜にしてパリのサーカス界のスターになったラファエルは、その後、天才イギリス人道化師フティットと運命的な出会いをします。

彼もラファエルの魅力に惹かれ、相方に選ぶことを決めます。ここに、サーカス史上初めて、白人と黒人の道化師コンビが誕生したのです。

このふたりの芸の斬新さに誰もが絶賛し、その名と人気はまたたく間にパリ中に広まりました。

それは、ただ「殴られ、罵倒されて笑われる黒人」役だっただけのラファエルが、ついに「白人」と対等な立場で芸を演じる存在になったことを意味していたのでした。
(次回につづく)

担当IKM


★本書が原案の映画『ショコラ 君がいて、僕がいる』、
いよいよ1月21日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!


『ショコラ 君がいて、僕がいる』
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ
監督:ロジェディ・ゼム
(配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES)

*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ