「kotoba コトバ」2016年秋号 発売のお知らせ

2016年9月1日

9月6日(火)、集英社クオータリー『kotoba コトバ』 2016年秋号 が発売となります。

今回の巻頭特集は

雑誌を哲学する。



kotoba2016秋


内外の著名な雑誌を取り上げ、雑誌がどのような文化をつくってきたか、また支えてきたかを検証しています。

取り上げている雑誌は、『思想の科学』『文藝春秋』『ワンダーランド』『暮しの手帖』『ザ・ニューヨーカー』『PLAYBOY』『ナショナルジオグラフィック』『ライフ』ほか多数。

政治学者の中島岳志さんには、戦後の論壇誌から「保守」とは何かを語ってもらいました。

戦後の保守は時代とともにその思想が変わってきています。

1972年に『SFマガジン』を初めて購入した大森望さん(1961年生まれ)は、その17年後、同誌の特集を企画する側にまわっていました。

人生はどう転ぶかわかりません。

作家の森まゆみさんは、「『青鞜』の挑戦」のなかで「本来、雑誌とは、志を同じくする者が集まって、何かを論議し、新しい仲間を増やす運動体である」と明言されています。

今のようなインターネットの情報がない時代、雑誌の情報は貴重でした。

皆さんもお気に入りの雑誌があり、何らかの影響を受けたのではないでしょうか。

ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

「コトバ」編集長 松政治仁


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト


*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ