チャリティ・イベント「戦場、それでも僕たちは笑った」

2016年3月1日

『ぼくたちは戦場で育った』著者のヤスミンコ・ハリロビッチさんが今年サラエボに開設予定の「子どもの戦争博物館」は、サラエボ包囲戦の中で日々を過ごした子どもたちの「記憶」を広く世界に伝えようという趣旨のもの。

その準備は着々と進んでいますが、これを日本から支援するチャリティ・イベントが開かれます!

題して『トークセッション「戦場、それでも僕たちは笑った」。
ヤスミンコさんと一緒に登壇するのは角田光代さん(同書の訳者)、千田善さん(同・監修者)!
希望者にはイベント後の懇親会も参加できるそうです。

申し込み要領などは下記のとおりです。ふるってご参加を!

※本イベントは任意団体<子どもの戦争博物館設立支援>の主催です。弊社へのお問い合わせはご遠慮ください。ご質問などは主催者(museum.warchildhood@gmail.com)までお願いします。


トークセッション「戦場、それでも僕たちは笑った」開催要項

【出演者】
ヤスミンコ・ハリロビッチ氏
(子どもの戦争博物館代表・『ぼくたちは戦場で育った』著者)
角田 光代氏
(作家・小説家・翻訳家 代表作『八日目の蝉』『紙の月』)
千田 善氏
(国際ジャーナリスト・作家 代表作『オシムの伝言』『ユーゴ紛争』)
【モデレーター】
森田太郎(Sarajevo Football Project代表)

【参加費】
プレミアムコース(定員30名限定):¥10,000
《博物館設立支援金&限定サイン本・特別懇親会付き》
限定サイン本コース:¥3,000
《博物館設立支援金&限定サイン本付き》
一般参加コース:¥1,000
《博物館設立支援金》
★定員50名(限定サイン本コースと一般参加コースを合わせて)
※今回のトークセッションの収益金は、サラエヴォで設立される「子どもの戦争博物館」の設立準備金、及び、運営管理費に資金となります。

【申込方法】
下記2通りにて申込を受け付けております。
※申込先着順にて定員になり次第締め切らせて頂きます。

①申込フォーム
下記フォームに入力してください
http://goo.gl/forms/xwL3Pt1IbT

②その他(メールでの申込)
下記メールアドレスにお名前と参加コースを明記の上ご連絡ください。
museum.warchildhood@gmail.com
担当:森田

申込確認後にお振込先等の情報を返信させて頂きます。
《申込は振込完了をもって完了とさせて頂きます。》Web-poster-broj.3-2

*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメントをどうぞ