『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』ウェブ立ち読み公開中です!

2014年10月6日

kichitogenpatsu10/24日(金)に、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』が発売になります。

著者は、大ヒットシリーズ〈戦後再発見双書〉の企画&編集総責任者の矢部宏治さんです。

〈戦後再発見双書〉:『戦後史の正体』(孫崎享・著)、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(前泊博盛・編著)、『検証・法治国家崩壊』(吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司・著) 創元社刊


●なぜ、日本の首相は絶対に公約を守れないのか?

●なぜ、人類史上最悪の原発事故を起こした日本が、いままた再稼働に踏みきろうとしているのか?

●なぜイラクから戦後8年で撤退した米軍が、2014年の今、沖縄で新たな基地を建設し始めているのか?


日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは何か。
公文書によって次々と明らかになる、驚くべき日本の歪んだ現状を、精密な構造分析によってその原因を探り、進むべき未来を提示します。

発売に先駆けて、本書のPART1:沖縄の謎――基地と憲法、PART2:福島の謎――日本はなぜ、原発を止められないのか を弊社ウェブ立ち読みにて公開中です。まずはぜひ、お試し下さい!

広報K

*弊社刊行物へのご意見・ご感想はこちらにお寄せください。
⇒【読者の声 受付】

コメント / トラックバック4件

  1. 小野沢 広 より:

    YouTubeの孫先享さんとの対談を見てすぐにAmazonに予約しました。立ち読み版を読んで、驚愕と衝撃でひっくり返りそうになりました。3.11災害のおり、津波で寸断された人たちに米軍のヘリコプターが救援物資などを届け、トモダチなどと感謝されていましたが、日本のヘリコプターは規制があって救出に行けない事を知り、強い憤りと違和感を感じました。鳩山由紀夫さんや小沢一郎さんのこともあり、日本がどんどん壊れていくような嫌な感じが強まるばかりでした。米国との関係に問題があることは事実ですが、それよりも、政治家、官僚、マスコミといった、日本人自身により大きな問題があるように思います。これらの売国利権屋に打ち勝つ為には、この本に書かれている事を一人でも多くの国民が知る事だと思います。内容はもちろん、文章も平易で、わかりやすく構成された優れた書籍だと思います。

  2. 長谷川晶子 より:

    現在日本の諸問題の根底にあるものが分かるのだろうか、と興味が湧きます。
    とても扱いの難しい問題を取り上げた著者の矢部さんと
    出版してくれた集英社インターナショナルの皆様の勇気に応えるためにも
    購入して読ませて頂きたいと思います。

    多くの人に知ってもらう為にもウェブ立ち読みはとても有効だと思いました。

  3. tsurumatsu より:

    小野沢広様
    先日はコメントをありがとうございました。
    またぜひ、本書の感想などお寄せいただけますと幸いです。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
    出版部 小林

  4. tsurumatsu より:

    長谷川晶子様
    先日はコメントをありがとうございました。
    ウェブ立ち読みはお陰様でたくさんの方にご利用いただき、大変嬉しく思っております。
    もしよろしければ、本書感想などもぜひお聞かせください。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
    出版部 小林

コメントをどうぞ