2017年6月 のアーカイブ

『ショコラ』著者、ジェラール・ノワリエルさんが東京、大阪で講演をいたします!

2017年6月9日

『ショコラ 歴史から去られたある黒人芸人の数奇な生涯』の著者、ジェラール・ノワリエルさんが来日! 東京、大阪で講演をいたします。

・6月13日(火)18: 00~は、アンスティテュ・フランセ東京(新宿区飯田橋)にて映画『ショコラ 君がいて、僕がいる』の上映会と、上映後ノワリエルさんの講演会。http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1706131800/

・6月14日(水)18:30~20:30は、日仏会館1Fホールにて講演会「歴史の社会的機能」。
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2017/06/14/20170614noiriel/index_ja.php

・6月15日(木)18:30~20:30は、日仏会館501会議室にて人文社会系セミナー「19-20正規の歴史家たちのネーション観」
https://www.mfjtokyo.or.jp/events/course/20170615.html

・6月16日(金)18:30~21:00は、大阪市立大学 文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階)にて講演会「フランスという坩堝は今」(連絡先:インターナショナルスクール事務局is_office@lit.osaka-cu.ac.jp )

ふるってご参加ください。

「kotoba コトバ」2017年夏号 発売のお知らせ

2017年6月6日

今回の『kotoba コトバ』の特集は、「大人のための『ファーブル昆虫記』」です。



IMG_3412


『ファーブル昆虫記』というと、少年が読むものというイメージがありますが、完訳版は大人が読むべき博物学の名著です。ダーウィンの進化論に対する徹底的な反駁のほか、生物の多様性や神秘性を再発見する、驚きに満ちた内容。今回は、フランス文学者で『完訳ファーブル昆虫記』(集英社)の翻訳者・奥本大三郎さんの監修のもと、この大著を特集しました。


巻頭言では、『昆虫記』が書かれた経緯とその内容について奥本さんが解説してくださっています。


「彼はフィールドノートを取り、長い間構想を練って、昆虫そのものと、それを観察している自分という人間の心の動きを描写している。(中略)そこに数学の想い出だとか、息子の死の悲しみだとか、自分の育った南仏ルーエルグ地方の農民の生活だとか、自伝的、人間的、風土的要素を含む文章まで差し挟んでいるのである」。


そう、『ファーブル昆虫記』に綴られていることは、昆虫の話のみに留まらないのです。


パート1「ファーブルと進化論」では、生物学者・福岡伸一さんが、現在の進化論だけでは説明しきれないものが自然の中には満ち溢れていると主張。「私たちはしばしば自分が想定した仮説やモデルやメカニズムに固執し、その前提に囚われるあまり、自然のほんとうの姿を見失いがちになる」と警告されています。


パート2「ファーブルから学んだ」では、昆虫学者・丸山宗利さんが、「ファーブルと多様性」について、ご自身が研究されている昆虫分類学をもとに紹介。「「種の多様性」「生態系の多様性」「遺伝子の多様性」はいずれも生物の多様性を知るうえで重要なものであるが、『昆虫記』はすべてに関して重要な情報と示唆を含んでいる」と称えています。


パート3「ファーブルの時代」にご寄稿いただいたのは、フランス文学者の鹿島茂さん。教養こそが社会的地位を上層させるための唯一の武器とされていた19世紀は、伝統的社会から近代社会へ移行しつつあった時代です。当時のフランスの文化的・教育的背景について、鹿島さんに解説していただきました。


この他にも、ファーブルがつないだ日本のハチ学や糞虫研究、ダーウィンとファーブルの往復書簡など、偉大なる昆虫学者の知られざる一面に光を当てた読み応えのある記事がそろいました。

ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

『地図マニア 空想の旅』が第2回 斎藤茂太賞を受賞しました!

2017年6月5日

地図研究家・今尾恵介さん著『地図マニア 空想の旅』第2回斎藤茂太賞を受賞しました。


地図マニア帯付きカハー最終2

斎藤茂太賞は、一般社団法人日本旅行作家協会が創立会長である故・斎藤茂太氏(作家・精神科医、1916~2006年)の功績をたたえると同時に、紀行・旅行記、旅に関するエッセイ及びノンフィクション分野の優れた著作を表彰するために2016年に創設した賞です。

下重暁子さん、椎名誠さん、芦原伸さん、種村国夫さんという錚々たる作家の方々が審査員を務めていらっしゃいます。


「地形図を見た途端に、等高線のとおりに地形が盛り上がってきます」


以前、著者の今尾さんとお話をした際、そのようにおっしゃっていました。

記号だらけの地形図を長年眺めては、その時代のその土地を研究してきた今尾さん。地形図を見ただけで今尾さんの脳内には鮮明な風景イメージが浮かび上がるようなのです。

地図を見ながら同時に空想で旅ができてしまうようなのです。


「旅」と「文学」といえば実際に身体を動かして、異国を旅し、そこでの危険なエピソードや、目に焼き付いて離れない美しい景色を文章で表現する、というイメージがあるかと存じますが、このたび受賞しました『地図マニア 空想の旅』におきましては、著者はいつもの仕事場から一歩も出ることなく、国内や海外諸国の景色を描写しています。

楽しかった旅の思い出を振り返るように、これからの旅や、二度と行けない過去への旅を地図と想像力で楽しんでいます。


そんな楽しい一冊ですが、本書を編集するにあたり様々な苦労がありました。

海外の図版の使用許可申請のために、すっかりご無沙汰していた英語との格闘や、四六判サイズでいかに地図を見やすくするか、本文に目を通していただいた読者にとって不親切な図版の位置になっていないか、等々。

本来ならば編集者の力の見せどころですが、今尾さんが地図から読み取って本文に書き込んだその情報量の多いこと。

いかにしてこれを掲載地図とリンクさせるか、ということに四六時中頭を悩ましていた次第です。今地図上のどこを旅しているのかを本文と合わせて明確にしながら、かつ地名や記号が消えないようにカコミ等を微調整。定規と鉛筆を握りしめての試行錯誤の日々。


書籍が完成し、多くの方々にお手に取っていただき、そしてこのたび、日本旅行作家協会を創立し、長らく会長を務めた斎藤茂太さんの名を冠する賞をいただけましたことは誠に光栄です。


まだお読みでいらっしゃらない方は是非この機会に書店にてお手に取って頂き、安楽椅子探偵もびっくりの空想紀行をお楽しみくださいませ。


担当Y

『食べて、育てる しあわせ野菜レシピ』が「グルマン世界料理本大賞」2017のグランプリを受賞しました!

2017年6月1日

大橋明子さん著『食べて、育てる しあわせ野菜レシピ』が「グルマン世界料理本大賞」2017のVegetarian部門でグランプリを受賞しました。Best illustrations部門でも2位を獲得というダブル受賞の快挙です。

_DSC0275

グルマン世界料理本大賞は、「料理本のアカデミー賞」とも言われる世界唯一の料理本の賞で、1995年にエドゥアール・コアントロー氏(リキュールで有名なコアントロー家出身)によって設立されました。今年で22回目となる今回の賞には世界211か国から全569作品がノミネートされました。

日本からは他に、日本料理の松本栄文さんの『1+1の和の料理 単純こそがおいしい理由』(NHK出版)がWorld Cuisine : Japanese賞、イタリアンの奥田政行さんの『食べもの時鑑』(フレーベル館)がCulinary Heritage賞、薬膳の谷口ももよさんの『5色の野菜でからだを整える ベジ薬膳』(キラジェンヌ)がDiet賞、日本サンドイッチ協会編『北欧生まれのおもてなしサンドイッチ ケーキイッチ』(パルコ出版)がSandwich賞のグランプリを受賞されています。

著者の大橋明子さんが5月27、28日に中国の煙台でおこなわれた受賞式に出席され、その様子をブログでご紹介されていますので、ぜひご覧ください。

イラストレーター大橋明子のブログ「グルマン世界料理本大賞でグランプリ受賞しました!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『食べて、育てる しあわせ野菜レシピ』好評発売中!!

詳細・試し読みはこちらから

担当M