2017年3月 のアーカイブ

「kotoba コトバ」2017年春号発売のお知らせ

2017年3月6日

今回の『kotoba コトバ』の特集は

「このノンフィクションが凄い!」です。


FullSizeRender 6

パート1「聞く」の巻頭は、沢木耕太郎さんと梯久美子さんの「作家の妻」をめぐる二つの物語対談。この対談は、沢木さんの「近年のノンフィクションのなかで凄いと思えるのは『狂うひと』だ」という一言から実現しました。沢木さんの『檀』と梯さんの『狂うひと』。家庭が崩壊した作家の妻の評伝という共通項がありながら、この二作はすべて異なる趣があります。対談では、お二人が創作にまつわる興味深いエピソードを披露してくださっています。

世界的人気のジョン・クラカワーへのインタビューでは、新作の『ミズーラ』や『荒野へ』といった作品への想い、ジャーナリストになった動機、彼の巧みな語り口に関するライティング方法などが明かされます。



パート2「読む」では、「凄い!」をテーマに、ノンフィクションに詳しい作家や評論家、学者、書店員ら総勢20人が名作、傑作を紹介してくれます。
政治学者の中島岳志さんは、自身の作品をノンフィクション的な手法で書くうえで参考にされた作品(猪瀬直樹著『ミカドの肖像』、沢木耕太郎著『テロルの決算』)と、学校の授業で学生たちに推薦されている作品(森達也著『放送禁止歌』)を。

評論家の荻上チキさんは、「優れたノンフィクション作品は、僕らの世界や社会に対する認識をリニューアルしてくれる」とし、山本譲司著『累犯障害者』、森光子著『吉原花魁日記』、堀川惠子著『原爆供養塔』を。


ライターの武田砂鉄さんは、この時代への警鐘になりうる30年ほど前の「声を拾い上げることの切実さを教えてくれる」作品(大泉実成著『説得』、中村梧郎著『母は枯葉剤を浴びた』、徳永進著『隔離』)を。


他にも、これは読んでみたいと思うような“凄い”ノンフィクションが詰まった特集になりました。


ぜひ書店で手に取ってご覧ください。