‘日本自立のためのプーチン最強講義’ カテゴリーのアーカイブ

北野幸伯氏の最新刊『日本自立のためのプーチン最強講義』本日発売!!

2013年11月26日

なんと、発売日当日にして、『日本自立のためのプーチン最強講義』がAmazonベストセラー・ランキングで、堂々ぶっちぎりの4位に!!!
shot
一般に「おかたい」と思われがちな政治外交関係の本ながら、北野氏の前回の著書『プーチン最後の聖戦』は、発売日当日、amazonのベストセラー・ランキングで9位というすばらしい売上げを達成しましたが、な、なんと、今回はさらにその上をいく4位

これは、まさに日本の読者のみなさまの多くが、「平和ボケ・なんちゃって日本政治家」たちの無能ぶりにほとほとあきれ返っている現在のいつわらざる心情を反映したものではないか?

(さらに…)

絶対お勧めの一冊『日本自立のためのプーチン最強講義』が発売になります!

2013年11月22日

11/26(火)に『日本自立のためのプーチン最強講義』(北野幸伯・著)が発売になります!

プーチン最強講義

「絶対かえさね〜よ!」
アメリカの国家機密を暴露し、モスクワに逃亡してきた元CIA職員スノーデン氏。

「返しやがれ!さもなくば……」と脅迫するアメリカの要求を、プーチンは一蹴しました。

「シリア攻撃? 絶対に許さねえ!」
シリア戦争開始(!)を宣言したアメリカ、イギリス、フランスに対し、プーチンは毅然たる態度で、絶対譲歩しない構えを見せました。そして、実際に戦争を止めてしまった……。

この一連の圧倒的な政治力とパフォーマンスにより、米フォーブス誌は2013年10月、プーチンを「世界一影響力のある人物」に選びました(オバマは2位!)。

プーチン01

ⓒ大橋明子


しかし、プーチンには、なぜそのようなことができるのか?
なぜロシアは、超大国アメリカにむかって、あのようなデカい態度がとれるのか? 答えは、ここにあります。

そう、ロシアは「自立国家」なのです!

一方、日本は、アメリカ幕府の「天領」「依存国家」「属国」なので、すべて彼らの「いいなり」にならざるをえない。
しかし……。
(さらに…)