‘kotoba’ カテゴリーのアーカイブ

「kotoba コトバ」2017年夏号 発売のお知らせ

2017年6月6日

今回の『kotoba コトバ』の特集は、「大人のための『ファーブル昆虫記』」です。



IMG_3412


『ファーブル昆虫記』というと、少年が読むものというイメージがありますが、完訳版は大人が読むべき博物学の名著です。ダーウィンの進化論に対する徹底的な反駁のほか、生物の多様性や神秘性を再発見する、驚きに満ちた内容。今回は、フランス文学者で『完訳ファーブル昆虫記』(集英社)の翻訳者・奥本大三郎さんの監修のもと、この大著を特集しました。


巻頭言では、『昆虫記』が書かれた経緯とその内容について奥本さんが解説してくださっています。


「彼はフィールドノートを取り、長い間構想を練って、昆虫そのものと、それを観察している自分という人間の心の動きを描写している。(中略)そこに数学の想い出だとか、息子の死の悲しみだとか、自分の育った南仏ルーエルグ地方の農民の生活だとか、自伝的、人間的、風土的要素を含む文章まで差し挟んでいるのである」。


そう、『ファーブル昆虫記』に綴られていることは、昆虫の話のみに留まらないのです。


パート1「ファーブルと進化論」では、生物学者・福岡伸一さんが、現在の進化論だけでは説明しきれないものが自然の中には満ち溢れていると主張。「私たちはしばしば自分が想定した仮説やモデルやメカニズムに固執し、その前提に囚われるあまり、自然のほんとうの姿を見失いがちになる」と警告されています。


パート2「ファーブルから学んだ」では、昆虫学者・丸山宗利さんが、「ファーブルと多様性」について、ご自身が研究されている昆虫分類学をもとに紹介。「「種の多様性」「生態系の多様性」「遺伝子の多様性」はいずれも生物の多様性を知るうえで重要なものであるが、『昆虫記』はすべてに関して重要な情報と示唆を含んでいる」と称えています。


パート3「ファーブルの時代」にご寄稿いただいたのは、フランス文学者の鹿島茂さん。教養こそが社会的地位を上層させるための唯一の武器とされていた19世紀は、伝統的社会から近代社会へ移行しつつあった時代です。当時のフランスの文化的・教育的背景について、鹿島さんに解説していただきました。


この他にも、ファーブルがつないだ日本のハチ学や糞虫研究、ダーウィンとファーブルの往復書簡など、偉大なる昆虫学者の知られざる一面に光を当てた読み応えのある記事がそろいました。

ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

「kotoba コトバ」2017年春号発売のお知らせ

2017年3月6日

今回の『kotoba コトバ』の特集は

「このノンフィクションが凄い!」です。


FullSizeRender 6

パート1「聞く」の巻頭は、沢木耕太郎さんと梯久美子さんの「作家の妻」をめぐる二つの物語対談。この対談は、沢木さんの「近年のノンフィクションのなかで凄いと思えるのは『狂うひと』だ」という一言から実現しました。沢木さんの『檀』と梯さんの『狂うひと』。家庭が崩壊した作家の妻の評伝という共通項がありながら、この二作はすべて異なる趣があります。対談では、お二人が創作にまつわる興味深いエピソードを披露してくださっています。

世界的人気のジョン・クラカワーへのインタビューでは、新作の『ミズーラ』や『荒野へ』といった作品への想い、ジャーナリストになった動機、彼の巧みな語り口に関するライティング方法などが明かされます。



パート2「読む」では、「凄い!」をテーマに、ノンフィクションに詳しい作家や評論家、学者、書店員ら総勢20人が名作、傑作を紹介してくれます。
政治学者の中島岳志さんは、自身の作品をノンフィクション的な手法で書くうえで参考にされた作品(猪瀬直樹著『ミカドの肖像』、沢木耕太郎著『テロルの決算』)と、学校の授業で学生たちに推薦されている作品(森達也著『放送禁止歌』)を。

評論家の荻上チキさんは、「優れたノンフィクション作品は、僕らの世界や社会に対する認識をリニューアルしてくれる」とし、山本譲司著『累犯障害者』、森光子著『吉原花魁日記』、堀川惠子著『原爆供養塔』を。


ライターの武田砂鉄さんは、この時代への警鐘になりうる30年ほど前の「声を拾い上げることの切実さを教えてくれる」作品(大泉実成著『説得』、中村梧郎著『母は枯葉剤を浴びた』、徳永進著『隔離』)を。


他にも、これは読んでみたいと思うような“凄い”ノンフィクションが詰まった特集になりました。


ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

「kotoba コトバ」2017年冬号 発売のお知らせ

2016年12月5日

12月6日(火)、集英社クオータリー『kotoba コトバ』 2017年冬号 が発売になります。

今回の巻頭特集は

蒐集家の悦楽

ヒトラーから柳家小さんまで
知られざるコレクションの数々

20161130_192008


みなさんは何かを集めた経験はありませんか?
カードや切手、古銭、食器、絵画、骨董品……。

他人には興味のないものでも、本人にとっては宝物。
興味の対象は人それぞれです。

巻頭言は荒俣宏さんの「蒐集家の生き様」と小林康夫さんの「ベンヤミンの蒐集」について。

パート1は「なぜ集めるのか」
奥本大三郎さんの昆虫標本やヒトラーの略奪美術品、ジョゼフ・コーネルの箱の中、植物収集の歴史などに迫ります。

パート2は「パブリックな収集」
「みんぱく」のコレクション収集法からヴァチカン教皇庁図書館のデジタル化、大名茶道具を集めた近代数寄者たちの話をご紹介します。

パート3は「個人の愉しみ」
鹿島茂さんが集める「独裁者グッズ」、ギレルモ・デル・トロ監督のコレクションの館、みうらじゅんさんの蒐集遍歴などをうかがいました。

ほかも盛りだくさん。
かなりマニアックな特集になりました。
蒐集家たちの悦楽の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう。

「コトバ」編集長 松政治仁


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト

「kotoba コトバ」2016年秋号 発売のお知らせ

2016年9月1日

9月6日(火)、集英社クオータリー『kotoba コトバ』 2016年秋号 が発売となります。

今回の巻頭特集は

雑誌を哲学する。



kotoba2016秋


内外の著名な雑誌を取り上げ、雑誌がどのような文化をつくってきたか、また支えてきたかを検証しています。

取り上げている雑誌は、『思想の科学』『文藝春秋』『ワンダーランド』『暮しの手帖』『ザ・ニューヨーカー』『PLAYBOY』『ナショナルジオグラフィック』『ライフ』ほか多数。

政治学者の中島岳志さんには、戦後の論壇誌から「保守」とは何かを語ってもらいました。

戦後の保守は時代とともにその思想が変わってきています。

1972年に『SFマガジン』を初めて購入した大森望さん(1961年生まれ)は、その17年後、同誌の特集を企画する側にまわっていました。

人生はどう転ぶかわかりません。

作家の森まゆみさんは、「『青鞜』の挑戦」のなかで「本来、雑誌とは、志を同じくする者が集まって、何かを論議し、新しい仲間を増やす運動体である」と明言されています。

今のようなインターネットの情報がない時代、雑誌の情報は貴重でした。

皆さんもお気に入りの雑誌があり、何らかの影響を受けたのではないでしょうか。

ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

「コトバ」編集長 松政治仁


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト


「kotoba コトバ」2016年夏号 発売のお知らせ

2016年6月1日

6月6日(月)、集英社クオータリー『コトバ』 2016年夏号 が発売となります。


今回の巻頭特集は

ダ・ヴィンチから稲垣足穂まで

空へ! 飛行という欲望

です。


kotoba


現代社会と密接に関わる航空機の世界ですが、その黎明期、人間の飛行への欲望とはどういうものだったのでしょうか。

レオナルド・ダ・ヴィンチの飛行研究の手稿から、空への憧れを抱き続けた作家・稲垣足穂まで、歴史とともに、現在も受け継がれている飛行への欲望、挑戦を追いかけてみました。

プライベートパイロットの免許をもつ作家の瀬名秀明さんが、「地球は生命だ」と思えるようになったエピソードを紹介しています。


「北アフリカやモロッコ上空を自分で飛行し、山や川が大地に皺のように走っているさまや、海岸線の曲がり方を見たときは、研究室の顕微鏡で細胞を覗き込んでいるような気分になりました。大学で分子生物学を専攻していたので、なおさらそう感じたのでしょう。細胞も毎日眺めていると、〈あ、今日は調子がよさそうだ〉とか〈がん細胞になろうとしているな〉などと、いろいろなことがわかってきます」


空を飛ぶことで、世界の見え方も変わってくるようです。

ぜひ書店で手に取ってみてください。


「コトバ」編集長 松政治仁


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト



「kotoba コトバ」2016年春号 発売のお知らせ

2016年3月3日


3月5日(土)、集英社クオータリー「kotoba コトバ」2016年春号が発売されます。
表紙_0215修正

今回の巻頭特集は

映画と本の意外な関係

です。



「コトバ」で初めての映画関連の特集。

連載執筆陣のお一人、映画評論家・町山智浩さんの編集協力で実現しました。

町山さんは、昨年ベルリンを旅行していて、映画と本の関係についていろいろ考えを巡らせていたそうです。


たとえば、映画の中で扱われる小道具としての本。

有名な詩をセリフとして効果的に引用している映画もあります。

映画製作に携わった作家たちの凄絶なストーリーや、映画によって再評価された作家もいました。

原作と映画の内容が異なることもよくある話ですね。

そういう本好きにとっての映画の見方、楽しみ方がきっとあるはず。

ちょっとマニアックだけど、そこをおさえてこその本好きです。

先日、米アカデミー賞も発表され、「コトバ」の読者も映画を観たい気分ではないでしょうか。

ぜひ書店で手に取ってみてください。


「コトバ」編集長 松政治仁

「kotoba コトバ」2016年冬号 発売のお知らせ

2015年12月3日

明日12月4日(金)、集英社クオータリー「kotoba コトバ」2016年冬号が発売されます。

今回の巻頭特集は

中上健次 ふたたび、熊野へ

です。

1946年生まれの中上健次は、戦後生まれ初の芥川賞作家です。

1992年に46歳という若さで早世し、まさに「戦後」という時代と共に歩んだ作家と言えるかもしれません。

出身地である熊野の「路地」にこだわり、荒々しき自然と入り組んだ血縁を背景に、土着的でありながら世界文学にも通じる「紀州サーガ」を遺した作家。

世界を旅し、多くの文学者と交わると同時に、新宿ゴールデン街で数々の武勇伝を残した無頼派。

自ら被差別地域出身であることを公式表明し、湾岸戦争に際して文学者の反戦集会を主導した熱血漢。

昭和以来の家族制度や地方社会が疲弊し、戦後平和主義の根幹が脅かされている現代ニッポンで、中上の作品はどのような意味を持つのでしょうか。

遺族である作家、紀和鏡、中上紀の協力を得て、平成のいま、中上健次の遺した作品のもつ意味を考えてみました。

生前深い親交のあった島田雅彦が中上の感動的な話を披露し、都はるみや水谷豊といった著名人が知られざる中上のエピソードを語ってくれました。

町田康、古川日出男、柴崎友香といった作家や、大澤真幸、四方田犬彦、野谷文昭といった論客が、それぞれの中上健次を綴り、作家の膨大な作品群の森に分け入る格好のガイドとなりました。

特集の他にも、山極寿一×鷲田清一、茂木健一郎×新井紀子、佐野史郎×山崎哲の対談など、読み応えある記事満載の「kotoba」冬号、どうか書店でお手に取ってみて下さい。

「kotoba」編集長 田中伊織

kotoba2016年冬号

kotoba2016年冬号



★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト

「kotoba コトバ」2015年秋号 発売のお知らせ

2015年9月2日

9月5日(土)に、集英社クオータリー「kotoba コトバ」2015年秋号が発売されます。

今回の巻頭特集は

【創刊5周年記念号】

地図を旅する。
古地図からGoogleマップまで

です。
kotoba秋号

皆さんは「地図」と言われて、何を思い浮かべますか? 
カーナビの道路地図や詳細な住宅地図。スマホやパソコンのGoogleマップ。学生時代から捨てられない社会科地図帖。登山や街歩きが趣味の方は、地形図や江戸の古地図もお持ちかもしれません。

地図は私たちの日常生活にすっかり溶け込んでいるようですが、現在のように世界の隅々まで描かれた正確な地図を多くの人が利用できるようになったのは、それほど遠い昔の話ではありません。

船舶、飛行機など交通機関の発達、測量、印刷などの技術革新、何より尽きることない人間の好奇心や国家の意志が、地図をより詳細に、広範囲に、多様なものに変えていきました。情報の電子化のスピードに合わせるかのように、地図は今も目まぐるしい勢いで変化しています。

今号の「kotoba」では、地図研究家の今尾恵介さんの全面協力のもと、いま最も注目される凹凸地図や暗渠地図、Googleマップやゼンリン住宅地図、災害ハザードマッ プ、3D触地図まで、さまざまな地図の作成現場に迫りました。

また、吉田初三郎の鳥瞰図(今号の表紙写真です)、伊能忠敬の地図、別々の時代の地図を一枚に合わせた重ね地図に到るまで、日本人が育んできた多様な地図文化を紹介します。

今尾恵介さん、皆川典久さん、本田創さんなどの地図専門家はもちろん、作家の山本一力さん、登山家の服部文祥さん、イスラム地域研究の内藤正典さんや宗教学者の島田裕巳さんにもご寄稿いただきました。

ノンフィクション作家の高野秀行さんと歴史家の清水克行さんには、世界の辺境と日本史における地図の共通点について機知溢れる対談をしていだたきました。

よくできた一枚の地図があれば、空間だけでなく、時間さえも旅することができます。知れば知るほど知りたくなる、奥深い地図の世界。ぜひ「kotoba」の特集でご堪能ください。   

「kotoba」編集長 田中伊織


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト

「kotoba コトバ」2015年夏号 発売のお知らせ

2015年6月4日

明日6月5日(金)、集英社クオータリー「kotoba コトバ」2015年夏号が発売されます。

今回の巻頭特集は

全集 もっとも贅沢な読書 です。


kotoba2015夏

読書家にとって、「もっとも贅沢な読書」とは何でしょうか?

分厚い本にじっくりと取り組むことのできる時間的な余裕。
多くの本を手元に置くことのできる空間の余裕(経済的な余裕?)。
落ち着いて読書に没頭できる心の余裕。

これらの条件が揃って初めて可能になる読書、もっとも贅沢な読書が、「全集」を読む(所有する)という行為ではないでしょうか?

古くは昭和の初め、改造社の『現代日本文学全集』の大ヒットとそれに続く円本ブームが、読書の大衆化を進めました。限られたエリートのものであった読書の愉しみを、多くの日本人が享受できるようになったのです。

また、戦後の焼け野原で本が払底していた1950年代にも、多くの出版社が競うようにして文学全集を出版し続けました。

全集は、多くの家庭の応接間、書棚を彩っただけではありません。実際に多くの日本人が、全集によって読書に目覚め、文学、評論、学究の道に進んだのです。

今回の特集では、池澤夏樹さん、吉本ばななさん、山折哲雄さん、紀田順一郎さん、荒俣宏さん、佐藤優さん、林望さん、中島岳志さんらに、それぞれの全集との出会い、愛着、拘りなどについてご寄稿いただきました。

皆さんの原稿を読んでいただければ、全集を読むことで読書の愉しみを知り、作家や評論家の道に入られた方が如何に多かったのか、驚かれることでしょう。

書籍の不振が伝えられる現在でも、大・中型書店の本棚には、全集のコーナーがあります。そして現在でも、新しい切り口のテーマ別全集や、より完璧なものを目指した個人全集、一人の作家が選んだ文学全集など、個性的、網羅的な全集が刊行され続けています。

いったいなぜ全集は、これほどまで読書人、出版人の心を惹きつけるのか?

「kotoba」2015年夏号、ぜひお近くの書店で手にとって、その答を探してください。

kotoba編集長 田中伊織


★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト

「kotoba コトバ」2015年春号 発売のお知らせ

2015年3月4日

3月6日(金)、集英社クオータリー「kotoba コトバ」2015年春号が発売されます。

今回の巻頭特集は

南方熊楠 「知の巨人」の全貌 です。

kotoba2015春

昨今話題の英国の科学誌『ネイチャー』に最も多くの論文を発表したのは誰でしょう?

それはなんと日本人で、夏目漱石と同年生まれの博物学者、南方熊楠なのです(『朝日新聞』2005年1月15日夕刊)。

和歌山に生まれた熊楠は、東大予備門を退学した後、アメリカ、イギリスに渡り、『ネイチャー』『ノーツ・アンド・クリエーズ』などに多数の英文論考を発表しました。

柳田国男と交流して日本の民俗学誕生に決定的な役割を果たし、彼が行った神社合祀反対運動はエコロジー運動の嚆矢となりました。

博物学だけでなく、生物学、民俗学などにも多大な貢献をした熊楠の思想のエッセンスは、彼が残した膨大な日記、書簡、標本に詰まっていますが、そのほとんどが手つかずのまま眠っています。

今号の特集では、南方熊楠の研究者の方々の全面協力を得て、強烈な独創性に裏打ちされた天才、権力と真っ向から対決した「知の巨人」熊楠の全貌に迫ります。

また、山折哲雄さん、荒俣宏さん、奥本大三郎さん、中島岳志さんらにも、それぞれの熊楠像についてご寄稿いただきました。

特集以外にも、水野和夫さんの「資本主義の超克」、加藤典洋さんの「敗者の想像力」、池谷裕二さんの対談「脳にきく音楽」、星野博美さんのノンフィクション「香港の黄色い傘」など、新しい連載も始まりました。

「kotoba」2015年春号、ぜひお近くの書店で手にとってみてください。

「kotoba」編集長 田中伊織

★集英社クォータリー「kotoba」公式サイト