‘三河吉田藩・お国入り道中記’ カテゴリーのアーカイブ

『三河吉田藩・お国入り道中記』 読者からの質問にお答えします!

2019年4月19日

cover+obi-mikawa
好評発売中の『三河吉田藩・お国入り道中記』、読者からの質問にお答えします!


Q:若様こと、松平信宝(のぶとみ)の肖像画は残っているのでしょうか?
ウィキペディアを見たら載っていなかったのですが、地元の資料館等にはあったりするので、ひょっとしてあるのかなと。庄内の酒井忠徳も、ウィキペディアには肖像画が出てなかったのですが、藩校 に行ったら展示されていたもので……。

A:信宝の肖像画は、残念ながら残っておりません。
松平伊豆守家自体、歴代の肖像画は作成していなかったようです。
ただし、最後の藩主信古は自画像・写真・木像があります。(By筆者)



Q:馬の数え方の単位は「頭」だと思うのですが、なぜ「匹」を使っているのですか? 競馬ファンなのでちょっと気になりました。

A:今回使用した古文書では馬を数える単位に「疋(ひき)」という文字が使われています。疋は匹と同じです。2つで1組になるものの意味ですが、家畜や鳥を数える単位になったのは、馬の尻が左右2つにわかれてペアをなしていることから、馬の尻を見てその数を1匹、2匹と数えたことからと言われています。一方、「頭」という単位は、早くても明治末期、英語で“head”を使うことから広まったとされ、大型の家畜に「頭」を使うのは最近のことです。本書では、古文書とその時代背景を尊重して「匹」を採用しました。(By編集担当)



ご質問やご意見、ご感想等、ぜひお聞かせください!

担当T

「参勤交代のリアル」を再現した『三河吉田藩・お国入り道中記』好評発売中!

2019年4月9日


『三河吉田藩・お国入り道中記』好評発売中です!

昨日、本書へのうれしい感想をいただきました。

‟この本、お世辞抜きで、本当におもしろいです!
こういうリアルな参勤交代裏話がずっと読みたかったんです!

若君の大人になってから水野をやり込めるエピソードもすかっとしますが、「おとなしくするからお餅焼いて」という幼少時の話もすごくかわいくて、ツボでした。“

(ちなみに、編集担当Tはこの方と面識はありません。あとがきにある私の名前を見て、感想をお送りくださいました。ヨーカドーに入っている書店さんでご購入されたそうです。)


先日、豊橋での著者取材の際にも、記者の方が「お餅の話が可愛くてグッときた」とおっしゃってました。

読者の心をつかんでいるらしいお餅の話とは……。
本書の主人公は2人。若殿様の松平信宝(のぶとみ)と藩の目付の大嶋左源太(さげんた)。
左源太は、信宝が幼いころ教育係をつとめていました。
その時のものでしょうか、
左源太の子孫のお宅には、信宝が6、7歳ごろ書いた左源太あての手紙が残されています。

「左源太や おとなしくするから かちんおやいてくれろよ」
(左源太や おとなしくするから お餅をやいておくれ)

いたずらでもして叱られたのか、しょんぼりしながらも餅を焼いてくれと左源太に甘えてくる若殿の可愛らしい姿が目に浮かんできませんか?

omochi

本書P21より


この話の元となった古文書が現在、豊橋市美術博物館で公開されています。
(「吉田藩の家臣たち」2F常設展示室にて。~5月19日まで)

現物をご覧になりたい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

担当T


cover+obi-mikawa

『三河吉田藩・お国入り道中記』刊行記念講演会を開催します!

2019年4月8日

『三河吉田藩・お国入り道中記』の刊行を記念して、著者の久住祐一郎さんの講演会を開催いたします。


日時:2019年 4月28日(日)14:00〜

場所:カリオンビル4階中会議室(豊橋市民センター)


▼詳細・お申し込みは精文館書店ホームページをご覧ください。
http://www.seibunkan.co.jp/event.php#20190301133000
※【満員御礼】本イベントは定員に達したため予約を締め切りました。(4/19)


『三河吉田藩・お国入り道中記』好評発売中!

cover+obi-mikawa