‘奇跡のスーパーマーケット’ カテゴリーのアーカイブ

『奇跡のスーパーマーケット』の物語が、フジテレビ「奇跡体験! アンビリーバボー」で放送されます!

2017年11月8日

『奇跡のスーパーマーケット』(ダニエル・コーシャン/グラント・ウェルカー著 太田美和子訳)が、発売になりました!

「こんなアメリカもあるんだ!」と、びっくりするような奇跡の実話です。


_DSC7724

奇跡とはまず、「こんなスーパーマーケットが、アメリカにあるんだ!」という奇跡。

「会社は誰のためにある?」という問いに、「会社は、社会のためにある」と、CEOのアーサー・テレマコス(アーサー・T)・デモーラスは公言していました。

ニューイングランド地方といわれるアメリカ北東部六州で70数店舗を営業していた「マーケット・バスケット」というスーパーマーケットは、地元に愛されているスーパーです。

他のどの店よりも安く、地元から積極的に従業員を採用、従業員のボーナスや奨学金制度を充実させ、取引先との関係も大切にする、地元の食材を積極的に仕入れる……三代目CEOのアーサー・Tは、「会社は社会のためにある」「商売よりも、人々が優先」を公言する人物でした。

そのうえビジネスも成功し、6年間あまりの間に会社は二桁成長をとげていました。こんな会社、こんなスーパーマーケットがあるんだというのが第1の奇跡です。
ところが、そのCEOのアーサー・Tが解任されてしまいます。

「人々よりも商売を優先」したい株主たちが、アーサーを解任に追い込んだのです。



もう一つの奇跡は、そこから起きました。

まずは、幹部社員たちがボイコットを始めます。そして、取引先からも商品が納入されなくなりました。……新しいCEOのもとにはじまった店の売り場はすぐに空っぽになっていきます。幹部社員たちは、すぐに解雇されました。ところが、ボイコットの輪は大きく広がり、地元のお客さんたちが、アーサー・Tの復帰を求めてボイコットを始めます。他のスーパーで買い物をしたレシートをもって、マーケット・バスケットの店舗に貼りつけます。「ほら、今日あなた方は、これだけ損をしましたよ」というわけです。

200万人を超える大きな抵抗運動は、地元メディアだけでなく、全米に報道されるようになり、大きな話題となりました。

約2ヶ月にわたる大きな運動を経て、運動は、政治や経済の問題にもなり、州知事たちも動き始めます。そして奇跡は起こりました。CEOアーサー・Tの復帰が実現したのです。
トランプ大統領が巻き起こす騒動とは、まったく別のアメリカの姿がここにあります。これまで日本ではほとんど知られていなかったこの物語は、11月9日フジテレビの「奇跡体験! アンビリバボー」でも放送されます。

「会社は誰のためにあるのか?」「仕事は何のためにするのか?」働く人々に胸のすくような答えを与える一冊だと思います。ぜひ、お読み下さい。