‘インターナショナル新書’ カテゴリーのアーカイブ

羽生善治が語る、棋士とAIの未来とは? 『AIに心は宿るのか』本日発売

2018年2月7日

芸術を愛でる心、そして新たな芸術を生み出す心は、地球上で人類のみが有する稀有な能力のひとつでしょう。しかし、近年AIは、作家のように破綻のない物語を創作し、将棋や囲碁のトップ棋士を驚嘆させるほどの「新手」(それまで指されなかった新たな指し手)を生み出すまでに飛躍的な進歩を遂げました。

汎用AIの研究を30年以上にわたって続けてきた松原仁先生は、そんなAIの活躍を目にするたびに、歓喜すると同時に、嫉妬にも似た「悔しさ」を覚えるのだと言います。

この悔しさの正体は一体何なのか?
そして、「人の似姿」であるAIが社会に進出したとき、私たちの日常はいかに変容していくのか?

本書では、AIという映し鏡を通して、未だ解明されない「人の心」を探求していきます。

「めまぐるしく更新されてゆく『テクノロジー』を題材にした本だからこそ、3年後には賞味期限が切れているような瞬間消費的なものにはしたくない」。これは、この本の制作中に私が一貫して抱いていた思いです。

本書が10年、20年と、長く、広く読み継がれていくことを願っています。

この本のゲラが出たのは、羽生先生が永世七冠の快挙を成し遂げた2日後の昨年12月7日。報道陣が殺到し、多忙を極めていらっしゃるであろうこの時期に、私は羽生先生へ「ゲラご確認のお願い」をしなければなりませんでした。
申し訳なさと心苦しさを感じながら、できる限り余裕をもったスケジュールを組んで「ご確認のお願い」のメールをお送りしたのが7日の午後20時。

「羽生先生は、おそらく今の日本で最も多忙を極める方。一週間、いや、10日はお返事をいただけないかもしれない。それでもじっくりとお待ちしよう。」

そう覚悟を決めた矢先でした。なんと、羽生先生はわずか数時間でゲラを確認し、お返事をくださったのです。
どれほど多忙を極め、拍手と喝采の轟音にさらされていようと、常に真摯に、誠実に、私たちと向き合ってくださる羽生先生の人としてのあり方に、ただただ心を打たれた夜でした。

本が一冊刊行されるまでには、著者やライター、校閲者、デザイナー、カメラマン……と大勢の方々の力を借りなければなりません。もちろん、この本も、著者の松原仁先生や構成を担当してくださったライターの森旭彦さんをはじめとして、大勢の関係者の手を経て形となりました。

松原先生や羽生先生の「思い」を、読者の皆さんがどのように受け止めるのか、とても楽しみです。少しでもご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ書店で手にとってご感想をお聞かせください。

『AIに心は宿るのか』、本日発売です。

担当:菊池

哲学者とゴリラ研究者の破天荒対談本が発売中です!

2017年8月8日

8月7日、インターナショナル新書の最新刊『都市と野生の思考』が発売されました!

朝日新聞の第一面を飾る「折々のことば」でもおなじみの哲学者・鷲田清一と、京都大学総長でゴリラ研究の世界的権威・山極寿一という異色の顔合わせの対談。リーダーシップ、老い、教養の本質、自由など多岐にわたるテーマをめぐって刺激的な対話が展開されます。教育についても熱く語ります。

ご多忙な合間をぬって6回にわたって京都で行われた貴重な対話でもあります。ぜひご一読いただければ幸いです。

『怪魚を釣る』小塚拓矢さんトークイベントのお知らせ

2017年4月3日

インターナショナル新書『怪魚を釣る』著者の小塚拓矢さんがトークイベントに登壇します。


*   *   *


怪魚ハンター×動物写真家トークイベント

『冒険を“仕事”にしよう!』


日時:2017年4月20日(木)19:30~21:30(開場19:00)


会場:LOFT9 Shibuya


0420n-548x456[1]



野生動物を追う写真家・山形豪さんと小塚さんが、これまでに訪れた土地での仰天エピソードや、仕事観に迫ります! 「冒険で食べていきたい」「好きなことを仕事にしたい」という方はぜひご参加ください!

↓詳細・お申し込みについてはLOFT9 ShibuyaのHPをご確認ください。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/62135

インターナショナル新書、池田清彦さん『進化論の最前線』本日発売です。

2017年1月12日


みなさんは「進化」について、どのくらいご存じでしょうか?

日本では進化という言葉が、ごく当たり前のように日常的に使われています。

しかし、新しい商品のキャッチコピーに「進化した〇〇」と表現するのは、実は正しくありません。

進化とは一言でいってしまえば、「生物が世代を継続して変化していくこと」です。

だから、もし一つの個体が新しい能力を獲得したとしても、その性質が子や孫といった次の世代の個体に伝わっていかなければ、それは進化とは呼べないのです。

『進化論の最前線』では進化について現在わかっていることと、まだわかっていないことを明らかにしながら、ファーブルのダーウィン進化論批判からiPS細胞、ゲノム編集といった最先端研究までを、池田清彦さんが丁寧に解説しています。

書店で見かけた際には、ぜひ手にとってみてください。

担当MTKW


本日発売!!

本日発売!!

インターナショナル新書 公式サイト で池田さんのコメントも配信中です!

インターナショナル新書 池澤夏樹さん『知の仕事術』明日発売です!  

2017年1月11日

ある日、池澤さんから『知の仕事術』の中に掲載させていただく資料が届きました。

その中に、厚紙を不思議な形に切ったものが……。

しばらく「これは何?」と首を傾げていましたが、新聞の切り抜きなどの資料を整理するための封筒に見出しを作るためのものと判明しました(本書でも紹介しています)。

世界文学も日本文学も個人編集して、小説も評論も書き、海外の作家とのシンポジウムにも出かけるなど、日々非常に多忙な作家がどんなふうに仕事をこなしているのか?

大いに興味を掻き立てられます。

長年の仕事のやり方を精査していってたどり着いたのは、複雑なことをしても長続きしない、できるだけシンプルで合理的なのがいちばん、というでしょうか。

理系の池澤さんらしいですね。

こうした考え方とスタンスは誰にとっても仕事に活かせるものではないかと思います。

インターナショナル新書『知の仕事術』、ぜひご一読ください。

担当K


001%e7%9f%a5%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b%e8%a1%93_%e5%b8%af

1/12発売 !!

インターナショナル新書 公式サイト で池澤さんのコメントも配信中です!

インターナショナル新書、ホームページ開設のお知らせ

2016年12月19日

2017年1月12日に創刊するインターナショナル新書のホームページを開設いたしました!

今後刊行予定の新書の情報はもちろん、創刊執筆陣からの動画コメントも掲載しております。

ぜひご覧ください。

5%e7%82%b9

2017年1月12日創刊



 

インターナショナル新書のツイッターアカウントを開設しました。

2016年12月14日

来る2017年1月12日(木)の創刊に先立って、インターナショナル新書のツイッターアカウント(@i_shinsho)を開設いたしました。

新刊情報やイベント情報、担当編集者のこぼれ話などを投稿していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。


2017年1月12日(木)、インターナショナル新書、一挙5冊で創刊!

2016年12月14日

001_%e7%9f%a5%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b%e8%a1%93

池澤夏樹『知の仕事術』


集英社インターナショナルは、2017年1月12日に「インターナショナル新書」を創刊します。

9.11、3.11を経て、英国のEU離脱、アメリカ大統領選……。

今まで当たり前とされていたあらゆる枠組み ―― 社会制度、政治体制、経済理論、科学やジャーナリズム ―― に対して懐疑の目が向けられています。

そんな時代の荒波に向けて、インターナショナル新書は創刊します。


編集方針は以下の通りです。

●世界を単一化しようとするグローバリズムに抗し、多様な価値観が共存するインターナショナルな視点を尊重する。

●哲学、思想、政治、経済、科学、芸術、エンターテインメント……。幅広いジャンルに目を配りながら、常に「いま」直面している問題の本質、核心に迫る。

●今までの常識や価値観、イデオロギーにとらわれることなく、来たるべき時代の「知の可能性」を追い求める。


創刊ラインナップ5冊も、上記の編集方針に沿って選びました。

池澤夏樹『知の仕事術』は、小説、書評、翻訳、さらには『日本文学全集』の編集なども手がけ、多忙をきわめる作家が初めて仕事のノウハウを公開しました。『思考の整理学』『知的生産の技術』のような啓蒙書のスタンダードとなる本です。

池田清彦『進化論の最前線』は、ファーブルによるダーウィン進化論批判をはじめ、現在のネオダーウィニズムでは進化について解明できていない問題がたくさんあることを明らかにしています。iPS 細胞、ゲノム編集など最先端の研究から進化論を論じます。

岩下尚史『大人のお作法』は、『芸者論』(和辻哲郎文化賞受賞)の筆者が、男たちに大人としてふるまう作法を伝授します。芸者遊び、宴会、歌舞伎観劇、男の身だしなみなど、遊びにそれなりの時間とお金をかける大切さを説きます。

福岡伸一『生命科学の静かなる革命』は、25 人のノーベル賞受賞者を輩出したロックフェラー大学の教授たちに同大学の客員教授でもある福岡伸一がインタビュー、生命科学の本質に迫りました。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』の執筆後の新発見も紹介しています。

町山智浩『映画と本の意外な関係!』では、町山智浩が映画に登場した本や台詞に秘められた思想を探り、アメリカ社会の深層をあぶり出します。『最も危険なアメリカ映画』(弊社刊)に続き、町山映画論の新境地とでもいうべき新書です。
2月以降、毎偶数月の7日がインターナショナル新書の発売日となります。

詳細は随時、当ブログや集英社インターナショナルTwitterでもご案内していきます。


インターナショナル新書のカバーは、鮮やかな赤色をベースに、1冊ごとに異なる大理石(マーブル)の紋様を入れました。

それぞれが独立しながら、全体でひとつの統一感をもつ装幀によって、多様な価値観が共存する「インターナショナルな視点」を表しています。

この混迷の時代にあえて創刊するインターナショナル新書、お読みいただけましたら幸いです。

インターナショナル新書編集部 部長T