‘ぼくたちは戦場で育った サラエボ1992-1995’ カテゴリーのアーカイブ

「子どもの戦争博物館」にサポートを!

2016年9月21日

クラウドファンディングに出資するとこのパスが届きます!

クラウドファンディングに出資するとこのパスが届きます!



『ぼくたちは戦場で育った』の編著者であるヤスミンコ・ハリロビッチさんたちがサラエボに「子どもの戦争博物館」をいよい開館することになりました。

この博物館には1992年から95年にかけてのサラエボ包囲戦を子どもとして過ごした人たちの思い出の品、当時の記録などが収められる、世界でも類例のないユニークなものになる予定です。

が! 幸い、博物館の入る建物はサラエボ市から提供されたものの、開設資金についてはまだその80パーセントしか集まっていないとのこと。

ついてはクラウドファンディングでみなさんの力を借りようというプロジェクトが始まりました!

なんと16USドルを出資するだけで、一生使える博物館の入場パスがもらえます!(さらに60ドル、100ドル、1000ドル・・というコースも)

「そんなもらっても、サラエボに一生行かないと思うよ!」なんて言わないで、このユニークな博物館にぜひサポートをお願いします!

「ぼくたちは戦場で育った」書影

「ぼくたちは戦場で育った」書影

チャリティ・イベント「戦場、それでも僕たちは笑った」

2016年3月1日

『ぼくたちは戦場で育った』著者のヤスミンコ・ハリロビッチさんが今年サラエボに開設予定の「子どもの戦争博物館」は、サラエボ包囲戦の中で日々を過ごした子どもたちの「記憶」を広く世界に伝えようという趣旨のもの。

その準備は着々と進んでいますが、これを日本から支援するチャリティ・イベントが開かれます!

題して『トークセッション「戦場、それでも僕たちは笑った」。
ヤスミンコさんと一緒に登壇するのは角田光代さん(同書の訳者)、千田善さん(同・監修者)!
希望者にはイベント後の懇親会も参加できるそうです。

申し込み要領などは下記のとおりです。ふるってご参加を!

※本イベントは任意団体<子どもの戦争博物館設立支援>の主催です。弊社へのお問い合わせはご遠慮ください。ご質問などは主催者(museum.warchildhood@gmail.com)までお願いします。

(さらに…)

戦争はある日、突然やって来る――『ぼくたちは戦場で育った』刊行のお知らせ。

2015年10月27日

 

「ぼくたちは戦場で育った」より

「ぼくたちは戦場で育った」より



本日、ヤスミンコ・ハリロビッチ編著『ぼくたちは戦場で育った』が全国発売となりました。

これは今から20数年前に起きた「サラエボ包囲戦」のさなかに子ども時代を過ごした人々(つまり、今では30歳前後ですね)の、1000の記憶が詰まった本。

戦時下の子どもたちがどうやって暮らしていたのか、その1000通りの実体験が書かれた本でもあります。

かつて、サラエボが属していたユーゴスラビアという社会主義国家は「多民族共生の国」として世界のお手本とも言われていました。

カトリック、正教徒、そしてムスリムという、それぞれに違う文化伝統を持った人々がそれぞれのアイデンティティを尊重して、共存共栄していたのです。

そのユーゴスラビア社会に暗雲が漂うことになったのはソ連崩壊による冷戦の終結で、経済危機が起きたことが原因でした。

失業の増加、物資の高騰など生活苦が広まる中、ポピュリストの政治家たちはその経済問題を真正面から解決するのではなくて、「誰かのせい」にすることを選びました。

正教徒の多いセルビア地方選出の政治家たちは「わがセルビア民族はかつてトルコ帝国と闘った英雄的な民族だった。そのトルコ人の末裔であるムスリムたちなんかと一緒に暮らしたのが間違いだった」と言い出しましたし、カトリック教徒の多いクロアチアの政治家は「多数派のセルビア人たちに政治を牛耳られている現状を打破しないといけない」と言うようになりました。人々はそうした勇ましい演説に熱狂するようになりました。

いわゆるヘイト・スピーチの横行です。

(さらに…)

角田光代さん×千田善さんトークイベントのお知らせ

2015年10月10日

弊社刊『ぼくたちは戦場で育った』の発売(10月26日)を記念して、東京都千代田区神保町で訳者の角田光代さん、監修者の千田善さんのトークライブ「今こそ『戦争のリアル』を語ろう」が来たる11月10日19時より開かれます。

主催はコトバコバトさん。入場料は一般2500円、学生/60歳以上は2000円(事前予約の場合はそれぞれ200円引き)。

日米同盟、基地、安保法制、憲法改正に揺れる今、日本人が知っておかなくてはいけない「本当の戦争の姿」が熱く語られるトークセッションです。ふるってご参加を!

予約はチケット販売サイトpeatrixで!
スマホからでも予約できます。
各種クレジットカード、コンビニ・ ATM (ペイジー)・ Paypal がお使いいただけます。

今こそ、「戦争のリアル」を語ろう(表面)

今こそ、「戦争のリアル」を語ろう(表面)



 

今こそ、「戦争のリアル」を語ろう(裏面)

今こそ、「戦争のリアル」を語ろう(裏面)



フライヤーpdfファイル_表
フライヤーpdfファイル_裏