‘オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか’ カテゴリーのアーカイブ

『オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか』発売のお知らせ

2015年6月19日

唐突ですが、「生態系ピラミッド」ってご存知でしょうか?

生物間での食物連鎖の関係を描いた図なのですが、実はこの図にすごく重要なメッセージが込められています。

そのことについて書かれたのが、来週6月26日(金)発売の、

『オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか』(山田健・著)

です。

(見本が届きました☆)
ph1


著者の山田健さんはサントリー「天然水の森」のプロジェクトリーダーとして、全国の森林や農地を調査し、豊かな水に不可欠な、豊かな生態系を取り戻す活動をしています。

山田さんによると、持続可能な豊かな水は多様な生物が住まう豊かな土壌から生まれ、豊かな土壌は生物の多様性と相互一体なのだそうです。

ですが、いざ豊かな生態系を取り戻そうとしても、現在の日本の生態系ピラミッドは絶滅種で穴だらけです。


「生態系って言ったって、人間には関係ないのでは?」

ちょっ、ちょっと待ってください。
実は、関係があるんです。

というのも、今、豊かな土壌が地球規模で減っているんです!
(さらに…)