‘子宮頸がんワクチン事件’ カテゴリーのアーカイブ

斎藤貴男さんWeb連載<子宮頸がんワクチン問題を追う>掲載終了のお知らせ

2015年4月22日

斎藤貴男さんWeb連載<子宮頸がんワクチン問題を追う>は、全3回で終了しました。

このWeb連載を含め、新たに取材し、書き下ろした単行本『子宮頸がんワクチン事件』が4月24日(金)に発売になります。

単行本化に伴いまして、Web掲載は本日をもちまして終了いたします。
長い間ご愛読いただき、誠にありがとうございました。


4月24日(金)発売
『子宮頸がんワクチン事件』斎藤貴男・著
四六判 256ページ 1,400円+税
vaccine

『子宮頸がんワクチン事件』(斎藤貴男・著)が発売になります。

2015年4月16日

4月24日(金)に『子宮頸がんワクチン事件』(斎藤貴男・著)が発売になります。

「子宮頸がんワクチン接種後に体調を崩した少女たちが増えている」。

ジャーナリストの斎藤貴男さんからこの話を聞いたのは2013年の春、定期接種になる前の段階でした。

まもなく厚労省が勧奨を中止し、その後の動きはマスメディアでそれなりに報じられてきましたが、その全体像や構造、ビジネス的な背景などを伝えることは全くなかったのではないでしょうか。

斎藤さんは、この事件の真相究明に向け、多くの医師や被害者、関係者らを取材してきました。

本書が、より多くの方の目にふれ、問題解決に向けての一助になればと思っています。

担当:ま

見本が届きました!

見本が届きました!