1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 日本人のためのイスラム原論

書籍情報

日本人のためのイスラム原論

小室直樹・著

定価 ¥1,800(本体)+税
発売日 2002年3月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 4-7976-7056-8
判型 四六判
ページ数 448ページ
ジャンル 哲学/宗教   
在庫状況 在庫あり
概要
「一神教の論理」を知らずして
現代社会を語るなかれ!


なぜ、イスラムは欧米を憎み、欧米はイスラムを叩くのか?
──その源は「聖書」にあった!

イスラムが分かれば、世界が分かる!!
目次
第一章 イスラムが分かれば、宗教が分かる
 ・アッラーは「規範」を与えたもうた
 ・「日本教」に規範なし

第二章 イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」
 ・「一神教」の系譜
 ・予定説と宿命論
 ・「殉教」の世界史

第三章 欧米とイスラム──なぜ、かくも対立するのか
 ・「十字軍コンプレックス」を解剖する
 ・苦悩する現代イスラム
著者プロフィール
小室直樹(こむろ・なおき)
1932年、東京生まれ。京都大学理学部数学科、大阪大学大学院経済学研究科を経て、フルブライト留学生としてアメリカに渡る。ミシガン大学大学院で計量経済学、ハーバード大学大学院で心理学と社会学、マサチューセッツ工科大学大学院で理論経済学を学ぶ。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程を修了。東京大学法学博士。著書多数。1980年に発表した『ソビエト帝国の崩壊』において、ソ連崩壊を10年以上も前に的確に預言したことは有名。2010年死去。
■ 関連書籍