1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > マキエマキ

書籍情報

ネット書店で購入する


担当者ブログ
読者の声 受付

マキエマキ

マキエマキ・著

定価 ¥3,500(本体)+税
発売日 2019年2月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7370-8 C0027
判型 B5判
ページ数 112ページ
ジャンル 写真集/絵本   
概要
「私のエロは私が決める」

いま、最も注目される「人妻熟女自撮り写真家」マキエマキのファースト作品集!

美術史家・山下裕二氏、編集者・都築響一氏、詩人・伊藤比呂美氏も絶賛!

昭和のエロ」を逆手に取った、「女の逆襲」がいま始まった!



著者プロフィール
マキエマキ
1966年大阪生まれ。 1993年よりフリーランスの商業カメラマンとして雑誌、広告などでの活動を始める。 2015年に「愛とエロス」をテーマにしたグループ展に出展したことがきっかけで、自撮り写真の魅力に目覚める。以後、夫の協力を得ながら、セーラー服に始まり、ホタテビキニから女体盛りまで様々なロケ地やシチュエーションを模索しながら、「人妻熟女自撮り写真家」として発表を続けている。
推薦コメント
アカデミックな「エロス」に辟易してきた私は、ここで宣言しよう。「エロス」ではなく「エロ」が、しかも「昭和のエロ」が素晴らしいと。「エロ」に「ス」が付いたらろくなもんじゃない
美術史家・山下裕二氏

「持てるもの」としてのプロに対する、アマチュアや無名の作家という「持たざるもの」の反乱。男たちが妄想としてつくりあげてきたエロスへの、女の側からの反乱
編集者・都築響一氏
作者からのステートメント
性の対象として見られることがずっと嫌だった。男性が、自分に性的な興味を持って接して来るたびに、辛い気持ちになった。

 写真撮影を生業としたのは、女性性を求められずに済む仕事だと思ったからだった。それなのに、必要以上の好意を示されたり、性的な関係を持ちたいと仄めかされたりすることが付いて回り、女に生まれてきたことが呪わしかった。20代後半から、49歳まで、美しく装うことや、女性らしい振る舞いを避け、自分の女性性を葬るように生きてきた。

 49歳になったとき、閉経の兆候が現れた。自身の女としての象徴だった現象がなくなると実感したとき、大きな喪失感を覚えた。あんなに忌み嫌っていた自分の「女」が消えていくことに、寂しさを感じたのだ。消えてしまう前に女の自分を残したい、少しでも長く女でいたい、そんな想いで自分にカメラを向け始めた。

 そのときに思い浮かんだのは、子供の頃、街なかに貼られていた、ピンク映画のポスターや、橋の下に落ちていたエロ本のイメージだった。

 振り返ると、昭和の「エロ」は、女性の人権を、あり得ないほど蹂躙しているものだった。それは、まさに男たちのファンタジー。女性から見ると、あまりにもバカバカしい、そのファンタジーを再現して笑うことが、かつて葬った自分の女性性への弔いになるような気がした。

 夢の国のお姫様のドレスを着るように、私は、マキエマキという着ぐるみを着て、ファンタジーの主人公を演じる。台本も、演出も、監督もすべて私。誰にも縛られず、私自身が作り出す、私のエロファンタジー。これを作り出すことが、今の私には生きる喜びになっている。

■ 関連書籍