1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 日本一の「デパ地下」を作った男

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

三枝輝行 ナニワの逆転戦略
日本一の「デパ地下」を作った男

巽尚之・著

定価 ¥1,600(本体)+税
発売日 2018年6月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7355-5 C0095 
判型 四六判
ページ数 256ページ
ジャンル 経済/経営   
在庫状況 在庫あり
概要
「弱い」阪神百貨店を「強く」した
サラリーマン社長の大改革とは


現在のデパ地下ブームはいかにして生まれたのか?

その元祖となる阪神百貨店の食品売り場を日本一の「デパ地下」王国に築き上げ、実業家としてその名を轟かせた三枝輝行氏の仕事術。


◇三枝輝行氏とは
1940年、兵庫県生まれ。阪神百貨店の社長および会長として「日本一のデパ地下」を作り上げ、また経営不振となっていた熊本の百貨店を再生するなど実業家として全国にその名を轟かせる。阪神電鉄の専務取締役を兼務後、2006年に退任。その後、株式会社サエグサ流通研究所を設立し代表取締役に就任。関西経済への深い造詣と経営実績を買われ、MBSラジオ「三枝輝行の商い勘所」パーソナリティとして、毎週、各界トップとの対談を行っている。
目次
(目次より抜粋)
●隣接するライバル百貨店、阪神と阪急
●弱者の逆転戦略「ランチェスターの法則」
●何かを変える時はスタート段階がいちばん辛い
●〝祭り〟を演出せよ
●熱意も見せ方で「戦略」になる
●売り場の成否を司るもの
●ケーキの売り上げはなぜ下がったか
●阪神百貨店名物〝いか焼き〟が売れる理由
●「大福五百個を売り場に積み上げろ」
●タイガースの大投手・村山実をタダで使ってCM
●〝場慣れ〟の効用
●得につながる損、損のままの損
●勝負の引き際
●目先の信用より、もっと大きな信用
●銀行と対等にモノを言うには
●ハナっからこれは無理と決めつけず、何でも試してみること
●熊本岩田屋を再建へ
●熱狂のタイガース優勝セール
●星野仙一との確執
●第二の人生を創るもの
著者プロフィール
巽 尚之(たつみ・ひさゆき)
昭和30年大阪市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。産経新聞社に入社後、編集局経済部次長、営業局企画開発部長、編集委員などを務めた。大阪経済大学客員教授のほか、大阪成蹊大学、関西学院大学、関西大学の各大学で非常勤講師、大阪産業大学で評議員を務める。著書に『鉄腕アトムを救った男』(実業之日本社)、『アート引越センター 全員野球の経営』(PHP研究所)、『人生で大切なことは手塚治虫が教えてくれた』(PHP研究所、ラサール石井氏と共著)などがある。
(※たつみは「己」ではなく「巳」が正しい表記です。)
推薦コメント
「三枝さんは食品売り場を華やかなテーマパークにした!」
浜村淳氏(パーソナリティ、司会、映画解説)
関連リンク
三枝輝行の商い勘所|MBSラジオ
■ 関連書籍